image_print

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af-fw

 

 

 

リンク

t_くらづくり本舗 ranzan サンライズ法律事務所 笹田道場.fwアウトグロー 山本接骨院_小b_金子歯科 レコライフ株式会社 マイスター ガルエージェンシー tabiya 伊佐沼

最新情報

川越市議会傍聴 雑感 市民の声

20日に臨時議会。22日から三月定例議会が開催されている川越市。 ...
詳しくはこちら»
/ by
img029

ニャンコの日特集 猫にまみれてきました

川越美術館。ただいま猫まみれ展が盛況。 ...
詳しくはこちら»
/ by
写真 (2)

今日はネコの日 長寿の秘訣を獣医に聞く

2月22日。ニャンニャンデー。 ...
詳しくはこちら»
/ by
写真

愛される秘訣は自然体! ジェイコム みかねえ&八っちゃん

ジェイコムチャンネル(地デジ11ch 視聴可能世帯県内133万世帯 )の「ちょっ蔵、お出かけ!まちかど情報局」といえば川越市民になじみある番組。ケーブルテレビで10年の番組。作り手、伝え手の努力のたまものだ。 ...
詳しくはこちら»
/ by

川越警察署より最新情報

1日、市内にこんな電話が「当店でクレジットカードでお買い物をされましたか?」。相手は有名百貨店を名乗るもの。続いて全国銀行協会職員を名乗るものが「どちらの銀行をお使いですか?残高はいくらですか?」。 ピンときたAさんは、電話を切り、警察に通報した。Aさんは子どもにも連絡をし、状況を説明した。Aさんの対応力こそ、振り込め詐欺から自分を守る防衛策の基本だ。有名百貨店、全国銀行協会など信用されやすい団体を名乗る電話は要注意だ。電話の主は市役所職員、銀行、弁護士、警察官など多種多様。まずは電話を切る、そして、子どもや家族、信頼できる人に相談。これを心がけていきたい。 ...
詳しくはこちら»
本日29日お昼、12時15分頃 仙波2丁目地内でアジア系外国人風の男が事故を起こした自転車を放置し、逃走中。 歳末は危険が増す季節。在宅時にも玄関、窓には施錠も。玄関のドアチェーン、U字ロックは簡単にロック解除可能。施錠が肝心。 ...
詳しくはこちら»
/ by / in 川越警察署より最新情報
6月から9月にかけて、川越市、東松山市、所沢市で発生した児童を対象にした強制わいせつ致傷等合計3件の事件について、40歳の無職の男を埼玉県警が特定し、検挙した。 依然として子供を狙った犯罪が多発しており、地域で子どもを守るシステムの確立は喫緊の課題でもある。 これらの犯罪は子どもの成長過程においてPTSD(心的外傷後ストレス障害)が懸念される。まさにカラダの傷、心の傷、を受けてしまう児童を狙う犯罪、決して許してはならない。 ...
詳しくはこちら»
/ by / in 川越警察署より最新情報

 

女性が輝く埼玉・日本。女性の視点で情報を発信

gerls

%e5%86%99%e7%9c%9f
毎月12日はパンの日。今月はクレアモールで見つけた「メロンパン」。「メロンパン」50年近く前とくらべて、バリエーションが豊富になった。友人の一人は「メロンパンフェチ」で、どこにでも、おいしい「メロンパン」あれば飛んでゆく。納得しないととても憤慨している。「たかが」「されど」なのだそうだ。 焼きたて、キッチンカーでの販売が結構人気の時代もあった。。。 今回の「メロンパン」。「生クリームがたっぷりサンドされたもの」「アイスがサンドされた立派なデザート」など女の子がとびつくもの。場所はクレアモールを蔵里方面に進み、らーめん・頑者の行列を左手見過ごした左側。 ...
詳しくはこちら»
今月11月にはいって高齢者の事故は15件。予測不能、防御不能で亡くなられた方も。本当に痛ましい。 認知症でハンドルを握るとは恐ろしい話だ。「車がないと生活できないから」というへんな正論がまかり通るのもおかしい。判断能力が衰えた人については家族も目を光らせなければならない。被害者のこどもたち、働きざかりの人たちの無念を考えたら甘いことは言えない。 母は車大好き人間だった。首都高も高速もスイスイ。最後の愛車はフォルクスワーゲンゴルフ。しかし、75歳で免許を返納した。「自分が事故で亡くなるのはかまわない。しかし、もしもどなたかを傷つけてしまったらそれは大変。」損害保険のトップセールスレデイというキャリアならではの発想に、天晴と思った。その後80歳になると通帳を私に預け、「みんなお願いするわね。」と。お金にも執着しない姿勢も潔いと思った。最近の高齢者が引き起こす悪夢としかいえない交通事故の報道に亡くなった母を想った。 ...
詳しくはこちら»
68年ぶりのウルトラスーパームーン。地球と月との距離が満月として最も接近する。通常の月より明るさは3割増、大きさは114%増。 今日の月の入りは16時40分。厚い雲の合間からなんとかみえないものか。ウルトラスーパームーンだから月光浴にも、パワーをいただくにも、ありがたい。雲が晴れない場合は明日の月(ほぼウルトラスーパームーン)に少し期待! 菅原擁子 ...
詳しくはこちら»
光彩を放つ活躍をされている人物伝

ligntup

%e5%86%99%e7%9c%9f
今日は箱根駅伝往路。毎年明治大学校友会のビジターとして応援ツアーに参加させてもらっている。今年はいけなかったのでテレビ観戦。 先月25日に行われた全国高校駅伝。清々しい風となって都大路を駆け抜けた埼玉の選手。 七年ぶりの出場となった武蔵越生高校。七年前は箱根駅伝で力走した双子の設楽ブラザーズを擁しての出場。今年は層の厚さで注目された。一区を走ったのは三年生の三本柱の一人戸口豪琉(たける)選手。高校最後のレースとなった戸口選手。このあと中央学院に進むという。もちろん照準は箱根。また楽しみが増えた。 ...
詳しくはこちら»
%e5%86%99%e7%9c%9f
行列のできる整形外科として人気のはんだ整形外科がこのたび新病院をオープンした。 平成15年に開業以来13年間鶴ヶ島新町で繁盛していた。しかし、もっと患者様によりよい治療をという飯田雅文院長の思いから至近距離に土地を取得した。リハビリ機械、レントゲン機械の充実も目指した。 飯田雅文院長の奥様は坂戸市議会議員として活躍飯田恵さん。お二人の間には4人のお子様。長男は現在薬学部に在籍中。次男和章さんはすでに医師の道を歩んでいる。三男は会社員であるが将来は民間企業で培ったノウハウを病院のために活用できる日が来るであろう。四人目長女は来春大学を卒業、入間基地ミス航空祭に輝いたほどの才色兼備の大和なでしこ。 ...
詳しくはこちら»
%e5%ae%ae%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93
「菓子屋横丁防犯灯」。川越菓子屋横丁会。 横丁の絆を防犯灯で。安全性だけに着目しないところが宮澤さんのおしゃれな感性。それぞれの店先にデザイン性を持たせ、一つ一つのデザインが、灯りを通して一体感を生み出している。周辺のたたずまいを壊さずに、さらに新しい夜間景観を創り出した宮澤マジック。 「冬場、いまの時期、16時過ぎると日が暮れ、住んでいる人が少ない地域はなおさら暗闇を感じちゃいますよね。まして、昼間の人の往来、にぎやかさとの対極で、よけいに寂しい風景になっているとも思います。川越っ子として、そのアンバランスをどうするか、と常に頭をかすめていたところこのお話をいただきました。玄関灯は防犯対策の意味合いも兼ねてますがLEDを使用しながらもまちの風情に合わせたデザイン優先にしました。ポールをたてれば済む話も、もっと工夫を凝らしたい、そこでいきついたのが既製品を使って経費は抑え目に、クオリテイは高く、耐久性のあるもの、行燈型の玄関灯。小さいころ街角にあった医院の灯り。白い行燈にペンキで書かれた文字。そのイメージでレトロ感を出しました。20軒くらいの店先でこの玄関灯が昼間の喧騒とは違った菓子屋横丁を創り出し、子どもたちの声ではなく、大人の男女がゆっくりと散策する川越菓子屋横丁のもう一つの顔となればうれしい」と宮澤さん。 ...
詳しくはこちら»
伝統・文化・文芸に関する情報(文化関連)

Renaissance

img029
川越美術館。ただいま猫まみれ展が盛況。 美術コレクター・招き猫亭さんが約40年にわたって収集した作品。 シャガール、夢二、ウオーホール。 ...
詳しくはこちら»
img027
川越のシンボルの一つ伊佐沼。四季を通じて様々な表情をみせる。 野鳥が飛び交う伊佐沼を愛していたのが亡き母だ。 母は通訳になりたくて勉学に励んでいたが、太平洋戦争という歴史の波にのまれ東京・中野から祖父の故郷茨城鹿嶋に疎開し、代用教員を務めた。教鞭をとった学校が北浦のそばにあった。母は「伊佐沼を見ると、特攻隊の白いマフラーをまいた兵隊さん、タニシをとって先生にあげる!という子供たち、とにかく青春時代の北浦を思い出すのよ。」筆者が埼玉医大に入院をした時、伊佐沼の様子を語る元気だった母はもう彼岸の人だ。伊佐沼の写真とともに母の声も甦る。 ...
詳しくはこちら»
img026
今回で4回目となる坂元昭二コンサート。小江戸蔵里で今日11日、14時半から行われる。 お酒の神様が宿る酒蔵とアコーステックの優しいギターの音色はよく合う。 50名の限定コンサート。ゲストにチェリスト、小松舞衣さん。 ...
詳しくはこちら»

 

街角で仕入れた面白い話、雑談

1cyatto

写真 (2)
2月22日。ニャンニャンデー。 ネコ好きとしてはニャンコの健康を考える日に。 坂戸市で坂戸動物病院を経営する、市川紀文獣医に聞いた。 ...
詳しくはこちら»
草加で痛ましい交通事故が起きた。お子様をかばった母親が亡くなってしまった。父親である人が「運命と思っても・・」と声をつまらせた。 この「運命」。どう読むか。「さだめ」だ。しかし、テレビのテロップは「定め」と流していた。「さだめ」を漢字変換すると「運命」とは出てこない。漢字変換に頼る国語力低下そのもの。 以前に当時の総理、麻生太郎氏が「未曾有」を読めなかったということで論議された。今回も安倍氏の「云々」の読み方が指摘されている。これらはおそらく原稿の下読みが完璧ではないことから起きるケアレスミス。しかし、一国の首相なのだから、緊張感をもって答弁にたってほしい。稲田防衛大臣、金田法務大臣の「言葉」に対する慎重さが足らないことから、安倍内閣への不信に、支持率低下を招くかもしれない。 ...
詳しくはこちら»
川越を扱うテレビ番組の勢いは衰え知らず。 その中で目をひく文化、南田島の足踊りは市指定の無形民俗文化財。 明日4日土曜日ウエスタ川越で上演される。間近で足踊りを見られるほか、体験もできる。時間は13時半開場、14時開演。ウエスタ川越(川越市新宿町1-17-17 049-249-3777)リハーサル室。入場は無料。 ...
詳しくはこちら»
S級もA級もB級もいつの世も話題の中心は食にあり

gurume

写真
川越は広い。さいたま市、ふじみ野市、富士見市、川島町、鶴ヶ島市、坂戸市、日高市、狭山市、所沢市と隣接。荒川の土手も市境。その荒川土手を遠景にたたずむパン屋さんが「パンのかほり」。 川越を愛する職人さんの心意気が伝わるさつまいもを使ったパン。調理パン、サンドイッチが美しくデイスプレイした店内。川越は「パンの街」でもある、といった旗振り役の店舗だ。 近くに駅があるわけでもないのに、人気!。その秘訣は「口コミ」。ネット検索の効果か? ...
詳しくはこちら»
%e5%86%99%e7%9c%9f
池波正太郎というと鬼平犯科帳が思い浮かぶ。東北道上り、羽生PAでは鬼平の香りを体感でき、多くの人で混雑を極める。池波正太郎文学は粋な男を具現化しているのも特長の一つ。 30年以上前、粋な男を追求する人に出会い、まずは池波正太郎が愛した店を食べ歩いていると聞いた。友人と数件行ってみたが、街角のひっそりしたお店に極上の味があり、池波さんってすごいなと思ったものだ。 今回川越の料亭福登美で「五鉄の会」が開催された。川越の夜の文化を粋に彩る男性たちが立ち上げたもの。「五鉄」は鬼平犯科帳に登場する軍鶏鍋屋。そこの主人が軍鶏鍋の具材をもって歩くシーンはおなじみでもある。当日は五鉄の主人 大映出身の映画スター藤巻潤さんも参加。寒い日なのに素足で着流し、鬼平ドラマを再現する、プロ根性を見せた。藤巻さんも粋だし、五鉄の会で料理を再現するのも粋だ。 ...
詳しくはこちら»
%e5%86%99%e7%9c%9f
「イベントはウエスタ川越で」。市民への認知度もあがってきたウエスタ川越。1階にあるパン屋さん。イートインもあり、ウエスタ川越利用客の人気も上々なのが「cafe&ベーカリー どんなときも」。 女性がリーダーで焼くパン。女性特有の繊細なやさしさがパンから匂いたつ。チーズを使ったパンが目をひく。カリカリカレードーナッツをはじめ総菜パンが充実。たまねぎを練りこんだステイック状パンも珍しい。食パン、塩バターパンなど、シチューやパスタ、ステーキの味を引き立てるパンもずらり。またスタッフ一同、新商品の開発にも意欲的だ。 「どんなときも」のホームページを拝見し、障がいがある方もこのお店で活躍をされていることを知り、ますます、応援したくなった。「障がいをお持ちの方、そうでない方が共に生きる」ということが、言うは易く、実行が難しいもの。また、応援したくてもなかなかチャンスに巡り合わないことも。そのチャンスの場所こそ「cafe ...
詳しくはこちら»
政治・経済・社会全般

Business

20日に臨時議会。22日から三月定例議会が開催されている川越市。 ...
詳しくはこちら»
写真
ジェイコムチャンネル(地デジ11ch 視聴可能世帯県内133万世帯 )の「ちょっ蔵、お出かけ!まちかど情報局」といえば川越市民になじみある番組。ケーブルテレビで10年の番組。作り手、伝え手の努力のたまものだ。 ...
詳しくはこちら»
IMG_1649 (2)
8日、午前8時半。市役所前には市民の姿多数。川合善明市長の初登庁だ。 ...
詳しくはこちら»