小池流に希望はあるか?

image_pdfimage_print

新党希望の党と民進党が事実上の合流となったが、公認問題をめぐって揺れている。

前原民進党代表が前議員の公認を受け入れてほしいということに対して、小池氏は「排除する、絞らせてもらう」さらには「全員受け入れはさらさらない」とまで言った。

言葉の力、言霊を大切にする小池氏。きっとこの使い方にも「マジック」があるのだろうが、日本人の気質が受け入れるかどうかはわからない。

選挙は民意がすべて。バラバラ感のある政党に有権者は「yes」の審判を下すのか?

北朝鮮のミサイルが次々と領空侵犯、急速に進む高齢化。課題は山積みだ。

東京都の「市場」はどうなっているのか?小池知事は進めたのか?すると小池流に希望はあるのか?と思う人は少なくないはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です