坂戸の魅力を再発見 切手で。 市制施行40周年切手発売。

image_pdfimage_print

市制施行40周年の坂戸市。このほど「坂戸の四季を楽しむ2」フレーム切手を発売した。

オリンピックを見据えて、川越市一市だけではなく、近隣自治体一致協力する広域観光圏を展開するうえでも坂戸の観光資源を切手にした今回の企画は大好評。

背景

①東坂戸団地の桜並木②坂戸の大宮住吉神楽③北坂戸駅東口けやき並木

切手

①浅羽野桜堤公園②八幡橋③坂戸よさこい④すみよし菖蒲園⑤永源寺⑥島田橋⑦多和目高麗川一号堰⑧坂戸八坂神社夏まつり⑨越辺川のコハクチョウ⑩慈眼寺シダレザクラ

これらの使用写真は「平成27年土めっけたさかど!デジタルフォトコンテスト」応募作品から郵便局が選考して選んだ。よって、撮影者は坂戸市民はもちろん、鶴ヶ島市民、東松山市民、川越市民、さいたま市民。この市民カメラマンの目線というのも貴重だ。

切手シートを買って、その場に行ってみるのもよし。切手を貼った手紙を投函して、坂戸の魅力を全国に広めるのもよし。住民にやさしい郵便局さんの範たる行動だ。

坂戸、ふじみ野、川越、富士見、鶴ヶ島、三芳、越生、鳩山、毛呂山、川島のすべての郵便局70局で限定1000シート販売されている。購入はお早目に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です