関口昌一自民党参議院幹事長代行 堂々の代表質問

image_pdfimage_print

29日、国会では参議院代表質問。自民党参議院幹事長代行関口昌一氏(埼玉選挙区 秩父皆野出身)が登壇した。

台風被害にあった人々にお見舞いを伝えることからはじまった関口氏。「27年ぶりに参議院単独過半数の自民党、より丁寧に、より着実に、より謙虚に、政策をすすめることが責任政党の役目。地方や中小企業は厳しい状況がつづいている。東京、主要都市の活気を全国すみずみに広げていきたい」と述べた。そのあと未来への投資、経済対策の意義、社会保障、待機児童対策、震災復興などを安倍首相、麻生財務大臣に質した。

その中には出身地埼玉秩父地方についてもふれながら「わがふるさとは山地水明の場所。この美しい風景を維持するのはその地方の人々の力、といつも感謝だ。そして、地方の声を聞き、地方の思いを実現する。それが地方創生だ。」と地方創生の持論を展開。さらに、関口氏は憲法改正にも踏み込み、「国民に堂々と憲法改正を訴え、改正案を示し、その結果を国民投票で決めるべき」とも。

永田町では、解散総選挙風が吹き出した。その中での意義深い関口昌一氏による参議院代表質問だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です