小池百合子氏 希望の党代表を辞任

image_pdfimage_print

こんなに早くこの日がくるとは!小池百合子氏が希望の党の代表を辞任した。

あの安倍総理の会見前、パンダのシャンシャンの名前発表に次いで「希望の党」のフラップを誇らしげに掲げた小池氏。あれは確か9月25日(月曜)ではなかったか?なんと8週間前だ。総選挙では小池氏に群がった候補者は有権者からそっぽを向かれ、敗戦、今や浪人中。これらの人は「当選のために」小池氏に賭け、「希望の党」に入ったわけであるからそれは自己責任という説もある。

だが、しかしだ。小池氏の責任論はどうなのだろう。都政も混乱の様相。五輪準備も市場問題もすっきりしない。

政治家を選ぶ基準。リーダーとは?またしても有権者はよい学びをしたのではないか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です