盗撮教師不起訴。条例を考える。

image_print

秋田県の学校内で、教師が教師を盗撮した事件があった。しかし、県条例では「公共の場」に学校内は認められておらず、立件が見送られた。本人も罪を認めているのに・・・・

条例は県や市によって立案、制定されていく。今回の事案が起きると、条例を制定、施行しているだけではなく、常に時代に見合っているかどうか?不整備はないか?その後のアフターケアも必要とされる。

何事も杓子定規ではいけない。柔軟な対応、プラン・ドゥ・チェックの基本を忘れてはならないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>