IMG_1736

根強い人気 小川菊 川越

image_print

川越名物はたくさんあるが「うなぎ」のおいしい街として、うなぎ店の前には行列ができている。

かば焼きの香ばしい香りにはいつも垂涎だが。。

行列ができていて、市民でもなかなかはいりにくい「小川菊」。

店主の話を聞くチャンスがあった。

店主小川修一郎氏の話

「1807年創業。川越藩二代藩主直恒公が鷹狩を楽しんだ時、山田村で休憩した。その時、殿様へ献上したのが小川菊の創業者。鯉、どじょうが主だったらしいが、昭和20年に現在の場所 大正浪漫通りに店を出店。圏央道の延伸によって他地区とのつながりも密になった。食文化の交流を利便性の高い道路網ですすめていけたら」

写真は珍しい「うなぎの洗い」。鯉とはちがって泥臭さがなく、そして濃厚だ。わさび醤油をつけて冷酒でペロリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>