IMG_4894

今年も少年の翼事業。川越から北海道・中札内へ。 

image_print

川越市の「少年の翼」事業は今年で18回目。川越市内の中学校から選抜された生徒が北海道中札内へ。

中札内は川越市名誉市民 相原求一朗画伯ゆかりの土地。相原画伯が北海道の自然を描きつづき、中札内には「相原求一朗美術館」が開館された。この美術館オープンを契機に中学生交流がはじまった。

夏には川越から中札内へ。冬には中札内から川越へという交流だ。

中学生たちは現地で北海道らしい体験(アイヌ文化にふれたり、農場見学など)のほか日々デイスカッションの時間が設けられ、4泊5日の研修となる。令和元年8月19日から23日まで、市内各中学から男女1名ずつ、44名の交流団となった。

この事業には川越市内の4RC(川越ロータリークラブ・川越小江戸ロータリークラブ・川越西ロータリークラブ・川越中央ロータリークラブ)が事業に対する寄付を行っている。

翼でつながれた交流事業。生徒たちの瞳と心に北海道の大きな空は何をもたらすか。大変有意義な事業である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>