株と干支  

image_print

株の世界では ネズミ繁盛、丑のつまづき、寅は千里を走り、ウサギは跳ね、辰巳は天井、馬は尻下がり、羊辛抱、申酉騒ぎ、犬は笑って、亥固まる。というそうだ。

そうすると来年はつまづいてしまうではないか、と思ってしまうが、丑さんはつまづくだけではない。

神の使いであり、大願成就の縁起物、病気平癒のお守りともされている。

神様が動物の大競争をしかけ、丑の背中にのったねずみがゴール寸前で飛び降り、1位を獲得した、猫は寝ていて、間に合わなかったという中国の言い伝えがある。

猫に囲まれて暮らしていると、「マイペースでいこうよ」「人生は悟り」「達観すると今の自分がわかるよ」と声をかけられている気もする。

令和三年が大願成就の年となることを祈りつつ、令和二年もあと二か月あまり、大切にしていこう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です