心優しいドライバー 会社の教育の質

image_pdfimage_print

国道16号は首都圏の大動脈。川越のまちを東に西へと走る。

川越市 新宿北交差点。国道16号と国道254号が交差する。その信号待ちをしていたとき。道路に長い1メートル以上の木片か鉄片が転がっていた。これが跳ねて通行人に当たったら怖いな、どうすればいいのか?と考えていたところ、走行車線のトラックから運転手がおり、拾って、歩道の脇、危なくない場所に移動した。

運転手さんエライな!思わず会社名を確認。川越市府川のヤマダ産業の車だった。教育が行き届いていることを実感。

輸送トラック、営業用ライトバン、タクシーなどなど、「看板背負っての運転」ということを自覚しているドライバー、そうでないドライバーがいることは事実。川越ヤマダ産業。市民としても質の高い企業がいることは誇りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です