川越市制施行100周年へ。キャッチフレーズ決まる

image_pdfimage_print

2022年は川越市制施行100周年だ。

このほどキャッチフレーズが決定した。

「時をつなぐ 未来をつむぐまち 川越」

新富町にすむ会社員・増田梨奈さん提案。

時の鐘(つなく)や川越唐桟・(織物・つむぐ)からの発想だという。

コロナを予防しながら、明るい未来を信じていきたいものだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です