川越むさしや 創業50周年 

image_pdfimage_print

国道254号を東松山にむかい落合橋の手前にある「川越むさしや」。このほど創業50周年を迎えた。柔和・温和な松本ご夫妻の笑顔ととともつるりとしたのどごしの蕎麦に多くの人が癒されてきた。

これからの季節は呉汁もおいしい。

野菜天のこだわるということで、今の時期は野菜天ざるには栗やさつまいもの天ぷらが添えられている。

川越は「いも」が名産。その名の通り九里よりあまい13里(江戸と川越が13里ということからこの言葉が生まれたのだが)。栗とさつまいもの競演もうれしい。コロナに負けないでおいしいお蕎麦を打ち、茹で、繊細なめんつゆを提供する松本ご夫妻。その商いも50年、半世紀だ。松本ご夫妻には大きな拍手を送りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です