1

常在戦場 センセイたちの年末年始

今年は想定外の総選挙。晩秋の台風のさなかの選挙戦も遠い昔のようだ。

希望の党はまったく風も起こらず、選挙結果も惨憺たるもの。

その中で川越の小宮山泰子代議士は比例で復活し、議席を得た。

ご本人は「日本一運の良い人間です」などと選挙後語っていたが、運も実力のうちだ。

川越の人々は泰子代議士の父、小宮山重四郎氏の看板を大切にしている人もいて「政党は関係ない、小宮山ブランド、小宮山党だ」とはっきり言う人もいることは事実。政治の世界にタラレバはないが。小宮山泰子代議士はれっきとした自民党の県議だった。当時新進党から自民党にうつった中野清代議士がいて、泰子氏は自民党を離れざるを得なかった。この流れが別の流れであったら川越市内の政治地図も変わっていたに違いない。

中野ひでゆき氏の突然の出馬表明、そして不出馬。混乱の中自民党の代議士として勝ち抜いた神山佐市氏。「三期になると役もつくし、活躍の場がひろがるな」というのは政治事情通。富士見、ふじみ野の組織力同様の展開が川越でもできるかどうかがカギだ。

隣の埼玉10区。山口泰明氏完全勝利で終わったが、ここで希望の党の支部長に就任した坂本祐之輔氏。呼応する形なのか山口泰明氏はここでポスターを新調。山口泰明氏の政治にかける情熱、「常在戦場」そのものの姿には脱帽だ。センセイたちの年末年始。またここでどれだけ人心を掌握できるか?それが支持の広がりと直結しているだけあって政治家稼業は大変なのだ。




どんな手段をつかっても  

衆議院が解散した。

民進党は実質的に解党した。前原民進党代表は「どんな手をつかっても安倍政権を倒す」昨夜述べた。

「どんな手段をつかっても」。。国民ウケはよいはずがない。表現が悪い。「どんな手段」とはあまりよいイメージではない。せめて「あるゆる知恵を結集してウルトラCを生み出す」と言ってほしかった。

いまや「安倍政権の大義云々」ではなく、希望の党と民進の合流の謎解き合戦がさかんだ。

有権者は冷静な判断をもとめられる時だ。

埼玉7区。自民分裂は中野英幸県議が不出馬となり回避された。しかし小宮山泰子氏は希望の党組。小池百合子党首は選挙戦略、イメージ選挙の天才。ネット選挙解禁で候補者のセンス、熱意が瞬時に見たいときに24時間いつでも、スマホから、モバイルから、パソコンからチェックできる時代だ。小宮山泰子氏と小池氏のコラボが、安倍政権の一翼を担う神山氏にどう対戦するか?中野代議士誕生を熱望する川越市民に神山氏はどう行動するのか?投票日は来月22日。埼玉7区は注目選挙区である。

 




いよいよ明日 安倍総理会見 夜には柴山代議士がテレビ生出演

安倍総理が明日25日会見をする。28日召集する国会冒頭解散に向けての会見だ。

2014年12月衆議院議員選挙から3年弱。いつ解散してもおかしくない状況下で民進党はガタガタ、新党は準備できていない、選挙は当然かもしれない。「なぜ解散?」という声もある。しかし、北朝鮮からミサイルを撃ち込まれ、きちんと防衛、外交をするには腰を据えての政治が必要だ。

25日22時からのBS放送日テレ「深層ニュース」に埼玉8区選出柴山昌彦代議士(筆頭副幹事長)が出演する。緊迫する北朝鮮情勢、経済財政政策、消費税、社会保障などなど主な争点を軸に何を訴え戦うのか、キャスター・ゲストの徹底討論がみものだ。

川越・富士見・ふじみ野埼玉7区。選挙区は自民党神山氏、比例復活で民進党小宮山氏の二名の現職が存在。ここで、川越から自民党代議士をという声をうけて中野ひでゆき県議が出馬準備をはじめた。自民党埼玉県支部連合会は神山氏で公認申請。一転注目選挙区になってしまうのか?ここ数日は目が離せない状況だ。




川は歴史を語る 第38回美しい新河岸川をめざして・河川浄化大会

昭和45年に設立、今年で46年目の新河岸川を守る会。新河岸川流域の自治会の住民ネットワークをさらに強固にすべく、今年も9月3日 やまぶき会館で 第38回河川浄化大会が開催された。

来賓メッセージ(抜粋)

川合市長「ごみのない河川保全は行政の力だけはムリ。地域住民のみなさんのボランテイアに感謝」小宮山泰子代議士「市民の皆さんの活動のひろがりを感じる。水循環基本法 立法に奔走した。水を守り、川を守り、うるおいを生み出すことも政治と考える」福永信之県議「台風9号、10号で被害にあわれた方にお悔やみとお見舞いを申し上げる。川越市も平成10年新河岸川と不老川があふれた。砂や岸町の方が船で避難された。その被害をうけて当時の土屋知事、中野清代議士が130億の予算付けをして調整池を作ってくださり、川越市水害の軽減となった。治水は政治家が。そのよい事例だ。」小林薫市議「流域自治会を地元とする市議は私一人。県政、国政ときちんとした連携をとって河川問題には取り組んでいきたい」

長年にわたって新河岸川を守る活動に尽力された方が表彰され、ステージはアトラクションコーナーに。踊り、コーラス、のど自慢各地区からの代表者35組が日ごろの練習の成果を競い合った。ゲストは今成在住の歌手・金子たかしさんは「俺のふるさと川越」を披露。また「新河岸川音頭」では各地区の踊り手さんもステージにあがりフィナーレを飾った。2016年エコチャレンジイベント認定された河川浄化大会。ゴミの各自持ち帰りなども実践された。

市民力は地域力。地域力の醸成は地域コミュニティあってこその範たる催しだった。