全国町並みゼミ川越大会開催 1月31日・2月1日


歴史都市のこれから~過去に学び今を見つめ未来を想い共に歩む~第42回全国町並みゼミ川越大会が開催された。

プレイベントは谷中で。1日目は川越のまち歩きをしたあと、茶陶苑・喜多町会館・蓮馨寺講堂(1階・2階)・小島家・ちゃぶだいと6つの会場で分科会。2日目はウエスタ川越で「川越都市景観シンポジウム」。3日目は行田(和装文化を支え続ける足袋蔵のまち)・小川(和紙のふるさと)と2コースにわかれてまち歩き。と豪華な3日間となった。

1993年第16回大会が川越で開催され、あれから27年。当時のスタッフにとっても感無量の今回の大会。全国大会ということで、金沢・京都・倉敷・大分・沖縄・神戸・千葉・長野・鎌倉・滋賀・などなど分科会のコーデイネーター・パネリスト・スピーカーも多士済々。

開会式で川合善明市長は「東京2020オリンピックパラリンピック、ゴルフ競技は川越霞ヶ関カンツリー俱楽部で。これは世界中へ歴史的なまちなみを伝える大きなチャンス」とあいさつ。立原雅夫商工会議所会頭は「観光資源を経済に生かしていきたい。まちのなかにオリンピックフラッグがはためいた。これは全国初の試みであった。まちなみはみんなのもの、という根幹のもと行政と市民が一体となってまちなみ保存をするべき」とあいさつした。

法政大学名誉教授陣内秀信先生による基調講演は「歴史都市を活かしたまちづくり~イタリアとの比較とこれからの日本・川越~」がテーマ。「イタリアは石の国、日本は木の国。まちなみはそこにしかないもの。小さな町は大きな住宅、個人主義ではない考え方」などたくさんの資料画像とともに70分間の熱弁となった。

北海道から沖縄武富島まで、集まったこの大会。「ホスピタリテイ」「リピーター」「都市と田園・地産地消と企業との関わり」「文化的景観を守る」というキーワードが展開され、昭和・平成・令和3つの時代を経て、次なる時代に向けて「まちなみ」の存在価値を考える3日間となった。




若者が行き交い、音楽あふれる街 川越に 今年も大学ビックバンドフェス


第6回 大学ビックバンドジャズフェステイバル (主催アマチュアミュージックフェステイバル実行委員会・AMF)が今年も行われる。

初日9月24日は、尚美学園大学、学習院大学、東洋大学、国立音大、昭和音大、洗足学園大学、東邦音大。9月25日は、東京国際大学、日本大学、芝浦工大、立教大学、中央大学、青山学院大学、上智大学、慶応義塾大学、明治大学、早稲田大学、法政大学。

この他、初日には招待校として、南古谷ウインドオーケストラ、県立川越高校も出演する。

「川越には四つの大学がある。東洋大、東京国際大、尚美音大、東邦音大。大学があるまちの利点を有益に、そして音楽が流れるまちに。そういう気持ちでこの事業を始めた」と鎌田政稔さん(AMF)。「川合市長が誕生したとき、市長は、蔵造りのまちなみ、菓子屋横丁、川越まつりに続く何かという思いがあったようだ。自分は蔵を使った250人くらいはいれるスペース、茶陶苑を運営している。そこで六大学のバンドを呼んでイベントを開催していた。それならば規模を大きくし、まちを代表する事業をということで有志が集まり現在に至っている。横浜中華街と川越との直通運転もはじまり、車内の中吊り広告もプラス効果。大学生が参加するということは、演奏する人、それを応援する人、町中に学生があふれるということ。若いパワーがまちにあふれていいこと」と山崎正博さん。

事業を続けることは努力がいる。ましてや、大イベントの運営、段取りが肝要。川越を代表する若い力を応援する事業。今後も市民力で支援していくべきだ。

9月24日・25日 会場 ウエスタ川越 13時から

チケット一般2000円 学生1000円

チケット販売は ウエスタ川越、アトレ1階福祉の店他 東武線各線定期売り場(池袋、成増、志木、上福岡、川越、坂戸、大宮)