2019年新しい時代の幕開け


内平かに外成る。地平かに天成る。内外、天地ともに平和が達成されるといった意味を持つ「平成」の時代からこの5月に新しい時代が幕を開ける。

「平成」がスタートした時、年齢が若かったこともあって、「時代が変わることは躍動感があふれるものだ」と大変高揚した。

あれから30年。これからの時代は、次代を担う人々の将来を考え、「範たる行動」ができる人間になろう、と思う。その一つがこの「レインボーネット川越」による発信。確かな目と心で事実を伝えていく。オピニオンメデイアとして「提言」をしていく。ということ。

「小さな努力」の積み重ねが「大きな成果」を生む。これは自分がいきていく上での信条。この信条とともにこの一年を進んでいきます。皆さま応援よろしくお願いいたします。

 




2018年 明けましておめでとうございます。


2018年が静かに幕を開けました。川越氷川神社に自転車で初もうで。我が家の仙波から氷川様へ、川越は坂が多いと実感。自転車や徒歩で回るということは地域を知ることで大切。今年2018年は積極的に自転車に乗って情報収集をしようと考えました。

川越氷川神社23代宮司、山田禎久氏が「60年ごとにおとずれる変化の年。60年前は今上天皇と美智子皇后が婚約された。明け年2019年には陛下が譲位されるということは感慨深い。平成の元号は地平らかに天成る、国の内外、天地とも平和が達成されるようにという意味。平成という元号を今一度考え、よき一年を」とご挨拶されました。

1人でも多くの皆様が幸せが実感できますように、レインボーネット川越もよりよい情報を配信していきます。今年もよろしくお願いいたします。




おわび


更新ができず、深くおわびを申し上げます。

管理者が気候の変動にカラダがついていけず、療養生活を送っておりました。

やっと社会復帰でき、また日々更新を目標にがんばっていきたいと思います。

ベッドに寝てるときに癒してくれたのは我が家のにゃんこ達。

猫の喉ゴロゴロや、鼻息は、解熱効果まであるようでした。

写真はその中の年少 1歳 ブラッキーです。(幸せをつかむという曲がりしっぽがチャームポイント)。




2017年酉年スタート 


平成29年、2017年が幕開けです。

故小渕首相が官房長官時代に掲げた「平成」の時から29年もたってしまったか。

小泉首相が起こした小泉旋風から17年。毎年感じることは「光陰矢の如し」。

そんな中思い出した言葉が「熱狂」。名編集者見城徹氏は「熱狂のないところに創造はない。」といい「たった一人の熱狂が大きな渦となり人々を巻き込んでいき」林真理子さんのようなベストセラー作家が生まれるという。この「たった一人の熱狂」こそ林真理子さんが文章に熱狂する姿らしいが。

流行作家も政治家も同じこと。有権者を熱狂させなければ、投票所に足を運び、投票用紙に自分の名前を書いてもらうことはできない。そのためには「自分を磨く」ことに尽きる。人間的魅力は一朝一夕では醸成できない。仕事であったり、生き様であったり、多くの先輩からの叱咤激励であったり、さまざまな蓄積が「人間的魅力」を創っていく。

川越市は1月、4年に一度の市長選挙が行われる。また議員辞職に伴う36名の市議会議員の欠員を補うための補欠選挙も行われる。賢い有権者にならなければならない新年だ。




情報サイトの存在価値


いつもレインボーネット川越をご覧いただきありがとうございます。

弊社サイトがめざすもの。毎朝配達される新聞には書かれなかったものを配信する。言い方を変えれば書ききれなかったものを配信する。ちょっとした話題にもアンテナをはり、配信する。フェイスブックやツイッターで多くの情報が共有されています。なおさら、情報サイトという枠組みのなかから「情報」を配信する。川越の情報をはじめ、近隣地区、埼玉県内のこと。タイムリーな時事問題。そして、ある一つの意見としての「オピニオン」を配信。

こんなことを考え日々更新しています。「これはレインボーの記事にしたらどうか」「こんなイベントがあるから取材したらどうか」「面白いお店をみつけた」などと読者の方からの情報を「ソース」にして今後も進んでいきます。イベント告知も大切。それ以上にその中身も大切。新聞とは違った「読み物」としてご愛読していただくことをお願い申し上げます。また、バナー広告も引き続き募集しています。レインボーネット購読者も増加しています。広告価値は高いかと思います。ぜひ、ご一報ください。

http://rainbow-net.saitama.jp




リンク


t_くらづくり本舗 ranzan
アウトグロー 山本接骨院_小
b_金子歯科 レコライフ

 




バナー広告はじめました。


2014年11月22日。この日、弊社は創業22年パーテイを川越氷川会館で開催させていただきました。(関連記事 www.qualitysaitama .com/society/32457 埼玉から選挙を支えて22年!パールジャパンの歩み)。

あれから1年。弊社で企画していたことすべてが実を結んでおりませんが、「レインボーネット川越」は多くの皆さまが閲覧してくださり、メールで、フェイスブック上で、そしてお電話で、日々激励の言葉を頂戴しております。ネット社会は万能ではありませんが、読者の皆さまが「いいね!」「そうだ!」「へえー!」「行ってみよう」などと情報を共有し、共感していただけたらと思います。

そして、情報サイト「レインボーネット川越」にバナー広告はつけないのですか?というお問い合わせも戴けるようになりまして、11月22日あのパーテイ―から1年を記念して、まずは6社(団体)のバナー広告を掲示させていただきました。身近な情報サイトとして、リーズナブルな価格設定をしておりますので、どうぞ、ご利用ください。(詳しくはお問い合わせから)

今年も1ヶ月あまり。時節柄お体ご自愛のうえ、2015年ひつじ年グランドフィナーレを迎えましょう。




ハロウイン、ボジョレー、マラソン クリスマス そして2016年


川越まつり仕舞囃子とともに川越の秋は深まる。

このあとハロウイン、ボジョレー解禁 小江戸マラソンそして師走。クリスマスから年明けへ。一年光陰矢の如し。2015年から2016年へ。皆さまのこの二ヶ月はどんなドラマがまっているのでしょうか。

レインボーネット川越は上質なマチの情報を配信し、一人でも多くの皆さまの心に響くようアンテナ高くまい進いたします。今後ともご愛顧よろしくお願いいたします。




川越祭り 2日目


昨日の天候好転は、川越祭りを楽しむ人々の笑顔を増やし、山車の周りには人、人、人の波が。写真は市役所前の神幸祭のあとの山車揃い。今日は気温も上昇。一番街の広々とした青空に絢爛豪華の山車がくっきりと見えるはずです。町衆パワー体感できる、地域コミュニテイ力のある川越へ、お越しください。




川越まつりはじまる 豪華絢爛 山車の競演 17日18日


11日から各町内では軒揃え、14日に氷川神社の例大祭。そして、16日には会所開き。川越まつりははじまっています。国指定重要無形民俗文化財「川越氷川祭の山車行事」は川越氷川神社例大祭の付け祭りとして360年もの歴史とともに歩んでおります。17日には神幸祭がとりおこなわれます。東京では見ることの少なくなった江戸情緒を体感しながら、囃子、舞、山車の彫刻、幕、そして町衆の笑顔に会いにきてください。ようこそ川越へ。