額賀派・事務総長 山口たいめい代議士

image_print

坂戸・鶴ヶ島・東松山・小川・嵐山・鳩山・ときがわ・滑川・吉見・川島、3市7町が埼玉10区。選出議員は山口たいめい氏。川島から初雁中学校に通学。叔父は武州ガスのオーナーであった故原宏氏。夫人川越南田島出身でもあり川越との縁は深い。

このところ、額賀派が騒がしくなり、山口氏がテレビインタビューに答える場面も。現在は自民党組織運動本部長といういわゆる自民党七奉行の一人である。山口氏は北海道の旭川ガスから武州ガスグループ会社の坂戸ガスの常務取締役、いわゆる民間の営業力を兼ね備え「気が利かない」のはダメという気配り力の人。ニュースショウでも額賀派の動向が取り上げられ、ある政治アナリストが「山口たいめいさんという人は自民党の実力者ですから」と発言していた。

埼玉県選出国会議員がこのように、特化され、注目されることは吉報である。まして政治家の劣化ばかりが報道される中で。

 

One Comment

  • 目黒 なおひろ commented on 2018年3月8日 Reply

    頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>