霞ヶ関カンツリークラブ 周辺整備どうする?

image_print

2020東京オリンピック・パラリンピックまで1年を切った。

昨日のテレビでは川越の笠幡駅周辺・霞ヶ関カンツリークラブ周辺の取材がされていた。

ボランテイアは競技開会前2時間から3時間集合。6時半に競技が開会するゴルフでは3時半くらいに

集まる。ボランテイアは終電に乗って競技に備えるとのこと。

川越市民ならばよくわかるが、笠幡駅周辺にはホテルも24時間営業のファミレスもない。

コンビニが1件か?テレビは執拗に「暗い」「真っ暗」を連発していた。

オリンピックとなれば、テントが張られ、それなりに選手、観客にたいする「おもてなし歓迎の環境も整うだろう。もちろんボランテイアに対する環境も整備されるであろう。

「それなり」ではなく「川越らしいおもてなし」ができるかどうか。ソフト面での充実した対応、市をあげて、市民参加でやっていきたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>