写真 (16)

東京国際フォーラムの「時の鐘」

image_print

東京 新宿・有楽町・銀座・八重洲どこをとっても地下街というのは一つの文化だ。

寒い冬の日、暑い真夏の日、雨の日、昨日のような強風の日、特にありがたい。

ランチ場所を探して地下街を散策。友人に東京国際フォーラムにおすすめの場所を聞いていたが、昨日は「時の鐘」に誘われて、扉を開いた。

川越霞ケ関を本店に意欲的に店舗展開をする「ひびき」の「黒豚劇場」の東京国際フォーラム店だった。

ランチはとんかつが中心。ひびきは「焼き鳥」のイメージが強いがサクサクとんかつおいしかった。

彩の地酒、埼玉県内の地酒もずらり。黒豚劇場のロゴは埼玉県の形ということも発見。

ラブ埼玉、ラブ川越の人間として充実したランチとなった。