写真 (2)

旅するレストラン 彩発見の時間列車

image_print

今年から土日を中心に運行している「旅するレストラン」52席の至福。3か月ごとの予約で人気を博している。池袋から西武秩父へ。西武新宿から西武秩父へ。通学通勤していた路線でもあり、車窓はふるさとの景色。念願かなって乗車することができた。

普通の列車をレストランに改装し、入り口には赤い絨毯。乗車前からウキウキ。発車時刻は10時54分。西武秩父には13時57分。この三時間にはどんな仕掛けがあるのか。ホームからの痛いほどの視線をうけて発車。

コンシェルジェがドリンクメニューを運ぶ。秩父ルージュ(金賞に輝いた秩父のワイン)そしてウイスキーファン垂涎のイチローズモルトも。このドリンクだけでも至福!

石神井公園駅こんなに眺望がよくなるとは!学生時代からの時間の経過を実感する。

ブランチコースはオードブル、スープ、メイン、デザートビュッフェ。埼玉県の食材をふんだんに使った品々がテーブルを彩る。車内には秩父の魅力が紹介され、旅情を誘う。

小手指車両基地では運転手さん、車掌さんが大きく手を振ってくれる。西武鉄道一丸となってのおもてなしに感動。

飯能からは車両の進行方向が逆になる。高麗駅、武蔵横手駅を過ぎると飯能市、吾野地区。電車は高麗川を上流に遡っていく。川の透明度が高いことが車窓からも確認でき、青空と深い山と、「緑と清流のまち・飯能」を酒のつまみに食後のイチローズモルトをごくり。

西武秩父手前、芦ヶ久保ではショッピング時間もあって、食後の散歩にぴったりだ。

俳人金子兜太さんの「曼珠沙華どれも腹だし秩父の子」という車内映像を見ながら、秋の秩父路もいいなと思う。この旅するレストランは四季折々、それぞれ魅力ある車窓風景を提供するのもごちそうの一つ。

西武線沿線の風景と心象風景が重なるものとしては、西武鉄道頑張れという思い入れがひとしお。

川越プリンスホテルの社員が「あれも、これも、かなう」というワッペンをつけて接客している。西武グループを「鉄道系」「ホテル系」とすみわけをしていた時代は遠い昔。プリンスホテルが放つリニューアルと、西武鉄道の新たな挑戦にあらためて拍手を送る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>