IMG_2477

川越まつりのイイ話

image_print

 

昨日19日、20日と川越まつりだ。

厳粛な神幸祭、豪華絢爛な山車、伝統芸の囃子と舞。そして川越グルメからおまつり屋台のフードフェスも魅力。

台風19号は川越市を流れる河川にも猛威をふるい、被災された市民もいるなか、川越まつり挙行はいろんな意見があったときく。「氷川神社はおまつりを挙行し、水の神様だから、よくお祈りをすることも大事」という意見もあった。そして、川越っ子は「川越まつり」を糧につらいことも苦しいことも悲しいことも乗り越え、自分のパワーの源としてきた。「川越まつりで被災者を元気に」を合言葉として、山車を曳行する町内も、山車を彩る鳶職方、囃子連もお祭りを盛り上げていく。

新富町本川越そばの料亭福登美さん(坂口孝社長)では駐車場を開放してボランテイア有志が「もちもち焼きそば」を販売。熊本地震の折にもこの方々は出向き、避難住居へふるまったという鉄壁ボランテイア。今回の収益は台風19号川越市の被災者への支援にするとのこと。

職業をもちながらのボランテイア魂に頭が下がるが、駐車場を開放する福登美さんの心意気も粋だ。

写真はそのもちもち焼きそば。今日20日も売れ切れごめんで販売するという。ぜひ、被災者支援に福登美さん駐車場で焼きそば購入を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>