IMG_3400

川越で「釜たま」を食す。南古谷「そのさき」

image_print

 

椎名誠のエッセイをよく読んだ。シーナさんはうどんに生卵をのせ、ちゃっと醤油をかけて食べることをうどん王国讃岐で学んだようだ。

自分も家で試してみるもいまいちだったが、今回すばらしい「釜たま」に出会った。

埼玉県はうどん県。なかでも川越を含める県西部では「武蔵野うどん」というコシの強いうどんが好まれている。南古谷の「そのさき」では武蔵野うどんとは異なったつるんという食感のうどんが楽しめる。

なかでも讃岐うどんの味「釜たま」はシーナさんのエッセイをそのまま再現している。

もちろん、肉つけうどん、野菜天うどんの定番の他、うどんで食べるカルボナーラなど創作うどんも楽しめる。現在ソーシャルデスタンスを確保した席で営業中だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>