山口幼児無事発見 よかったけど・・

image_print

12日に山口県で行方不明になった幼児が15日朝発見された。発見したのはボランテイアの78歳男性。捜索して20分後に発見というので世間は称賛の声しきり。

本当に無事でよかった。一方あのボランテイアさん。捜索を朝6時半に単独で開始したことにはじまり、「親御さんとの契約だから見つけても警察には渡さない。」「大臣がきたってエライ人がきたってそれは同じ。」警察から受け取った表彰状についても「なんか字があっただけ。読まなかった」と反体制なもの言いが多い。あのボランテイアさんに違和感を持つ人も少なくないのではないか?

透視できる人がTwitterに「おじいちゃまの家の先、坊やが歩いていった先、アスファルトから砂利道にかわって森に。その森の中の右手に。います。」というような趣旨で発言しており、ネット上で話題になっている。ボランテイアさんそのTwitterを見て、捜索したのかな?と思ってしまうほどこの発見までの20分というのは神業に近い。

ただし、この酷暑の中。まさにお盆休み返上で警察も消防も地域自治会も必死に13日、14日丸々二日間を費やしたのだから。一人のボランテイアさんだけに称賛の声をあげるのは???

私見となるがボランテイアは善意であることの上に行政・警察・消防・自衛隊などと一体となって行うべきではないか?以前弊社サイトでも紹介したが女優東ちづるさんの講演。東さんは「ボランテイア・奉仕・チャリテイ。それぞれ意味が違う。手話でボランテイアとは一緒に歩くと表現する」と語っていた。

今回の事件はボランテイアとは・・と考える一例ではないだろうか?