今日25日。ドラフト会議。埼玉西武に吉田輝星選手??

image_print

甲子園を沸かせた東北魂。秋田県立金足農業高校ナイン。人気は衰えることなく、混乱を避けるために文化祭も中止になったとか?

U18日本代表に選ばれサムライジャパンのユニフォームをまとった吉田輝星選手。いまいち冴えないゲームでやきもきしたファンも多いだろう。プロ志望届を提出して会見に臨んだ吉田選手。「日本代表として試合に挑んだがいいピッチングができなかった。よく点検して今後の投球に生かしたい」と語った。

自分の非、自分の弱点を素直に認める。この姿勢を見て「吉田選手の未来は明るい!」と感じた。

人間いくつになっても「素直」が一番。大きくみせようとしてもいずれメッキは剥げる。あれだけ日本中を沸かせた甲子園のスターでもある吉田投手は直近の試合を冷静に素直に振り返った。

安倍内閣第4次内閣で工藤という政務官が収支報告をぬけぬけと数回にわたってゼロ申告をした。工藤氏の経歴をみると父親は名古屋の市議会議長までつとめた人物。工藤氏自身も学生時代から選挙の手伝いをしていたという。政治に目覚め、民間企業から名古屋市議へ。その後トントン拍子に国政進出、現在三期目。まったくの政治素人とは言い難い。政治資金の収支報告は熟知しているはずだ。そしてお約束の「政務を全うすることが責任」ということで幕引きを図っている。金足農業の吉田選手とは対極だ。

ドラフト会議はいろいろなドラマを生み出してきた。吉田選手はどこの球団に行こうとも野球界にさわやかな風を起こしてくれるに違いない。「素直な生き様」年齢を問わず見習っていきたい。

現在吉田選手は阪神?埼玉西武?との情報だ。埼玉西武であれば、さらに埼玉は活気づく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>