チャット

image_print
IMG_4974

ピンクにそまる川越最明寺 

川越小ケ谷の最明寺。 フレンチ精進料理を提供する寺院としてテレビ情報番組にも取り上げられた。 その最明寺が今ピンクに染まっている。17時から22時まで ピンク色のライトアップは27日まで。 10月1日は世界的規模で行われる乳がん撲滅キャンペーン・ピンクリボンデー。10月をその月間とし、最明寺でも寺院がライトアップされる。 この寺院はフレンチ精進料理を提供するほか、ヨガ、ジャズナイトなど、市民に親しまれる活動を展開している。 ...
続きを読む
スキャン_20190911

川越市大仙波で釣り教室 

埼玉県は「川の国」。川が占める面積が日本一だ。 9月15日(日)午前九時から二時間。川越市大仙波地内で「釣り教室」が開催される。 (主催者 川越の魅力を育てる会、川の国応援団 後援川越市) 参加者は先着10名。(受付午前8時40分)川越市大仙波と川越市仙波町3丁目にかかる青い橋 大仙波分に川の国応援団の旗付近に集合。 釣り竿、釣り餌は主催者が用意する。 ...
続きを読む
IMG_4894

今年も少年の翼事業。川越から北海道・中札内へ。 

川越市の「少年の翼」事業は今年で18回目。川越市内の中学校から選抜された生徒が北海道中札内へ。 中札内は川越市名誉市民 相原求一朗画伯ゆかりの土地。相原画伯が北海道の自然を描きつづき、中札内には「相原求一朗美術館」が開館された。この美術館オープンを契機に中学生交流がはじまった。 夏には川越から中札内へ。冬には中札内から川越へという交流だ。 中学生たちは現地で北海道らしい体験(アイヌ文化にふれたり、農場見学など)のほか日々デイスカッションの時間が設けられ、4泊5日の研修となる。令和元年8月19日から23日まで、市内各中学から男女1名ずつ、44名の交流団となった。 この事業には川越市内の4RC(川越ロータリークラブ・川越小江戸ロータリークラブ・川越西ロータリークラブ・川越中央ロータリークラブ)が事業に対する寄付を行っている。 ...
続きを読む
IMG_2342

人気!川越日傘。

川越市と東武鉄道では「川越日傘」という日傘の無料レンタルサービスを9月末日まで行っている。 川越日傘のロゴマークのある施設(川越市駅、小江戸蔵里などその数は40近く)で貸し出し、返却ができるというもの。 パステルカラーの日傘はピンクとグリーンの二色。準備した本数は800という。 「きちんと返してもらえるのかしら」と心配気な市民もいるが。こういうサービスは何事もも性善説で。 ...
続きを読む
IMG_4896

夢をのせた観覧車が消える 川越まるひろ

かつてデパートは夢の国だった。川越まるひろはそのランドマーク。屋上の乗り物に乗って、サンリオで好きなもの、そして洋服を買ってもらって、1階のマクドナルドでシェークとフライドポテトを。まさに休日のお手本。 屋上の乗り物は、川越を望めるビューポイントでもあり、また来週も勉強をがんばろう!というこどものパワーのみなもと。こどもたちの夢と希望をのせて運行していた。 耐震補強にともない、そのまるひろ屋上遊園地が本日9月1日16時をもって閉業となる。 31日土曜日も想い出を再確認する人々が行列を作った(写真) それでも昭和・平成のノスタルジーは人々の胸に永遠だ。 ...
続きを読む

ああ栄冠は君に輝く 高校野球選手権明日開幕

令和初の甲子園が明日開幕。 明日は9時が開会式。埼玉の所沢・三芳・旧大井選出の柴山昌彦文部科学大臣が祝辞を述べる。 国際弁護士出身・さわやかなスピーチにも注目だ。 ...
続きを読む
IMG_2223

川越夏まつり 百万灯 どう楽しむ? 27日28日

川越の夏まつり百万灯(通称提灯まつり)が27日28日開催される。 とにかく提灯の風情が素敵だ。 おすすめはクルマが少なくなった22時過ぎ。 なんとも優美な風景がひろがる。 本川越から蔵造りのまちなみへの通りは「おもてなし道路」として整備された。 ...
続きを読む
IMG_1912

元埼玉県警捜査一課 佐々木成三さんの快進撃

民放キー局を八面六臂に駆け回る、テレビコメンテーター佐々木成三さん。 経験に裏打ちされた安定感のあるコメントにはいつも納得だ。 その佐々木さん。たけしのTVタックルにいよいよ出演となる。 7月28日(日)午前11時55分から テレビ朝日(チャネル5)で放映。 どんなさわやかメッセージが展開されるか見逃せない。 ...
続きを読む
IMG_2191

川越特急 素敵!

3月のダイヤ改正から運行している東武東上線「川越特急」。「池袋」と「川越」を最速26分で結ぶ。 停車駅は池袋、朝霞台、川越、川越市、坂戸、東松山、森林公園、つきのわ、小川町。 TJライナーに使用されている車両を使うものの普通乗車券で乗車可能だ。 車両10両には川越の魅力が日本画だがとても近代的におしゃれに描かれている。いわゆるラッピング車両。1号車は中福神楽、2号車は氷川神社のあい鯛みくじ、3号車は喜多院、4号車は川越まつり、5号車は花火と風鈴、6号車は川越氷川神社、7号車は菓子屋横丁、8号車は時の鐘と川越城本丸御殿、9号車は大正浪漫夢通りのこいのぼり、10号車は新河岸川と桜並木と、川越市民としてはおなじみだし、川越を訪れる人にはすでに胸躍るイラストだ。 国際観光都市川越。交通手段が粋なイラストとは、「おもてなし力」がある東武東上線だ。 ...
続きを読む

梅雨の晴れ間にとんぼ舞う岩槻 

西日本では梅雨前線停滞での豪雨。 今日は参議院議員選挙公示日だが どしゃぶりの中の出陣式になった候補もいる。 夏空が待ち遠しい日々ではあるが、先日さいたま市岩槻区の水田に「とんぼ」が舞っていた。 「突然秋がくるのではなく、秋は忍び込んでくるものだ。」そう言ったのは昭和平成が誇るベストセラー作家、故渡辺淳一先生。この言葉を聞いてから夏の日差しの中に「とんぼ」を探すようになった。 しかし、今年は早かった。令和元年、改元を「とんぼ」までがお祝いをしているようだ。 ...
続きを読む