コミュニティー


川越の誇りを取り戻す!女性団体有志が立ち上がる。めざそう!!発足。

「私たちのための市議会をめざそう!!」(山口陽子代表)がこのほど政治団体として届け出をした。 今回の新井喜一元市議、樋口直樹市議、海沼秀幸市議が認定された市議会事務局女性に対するセクシャルハラスメント問題に対していよいよ怒れる市民50名が立ち上がった。 記者会見は12日行われた。副代表に名を連ねるのは川越在住の作家野村路子氏、peaceやまぶき代表の松尾美保子氏。野村氏はさいたま市から川越に移り住んだ。peaceやまぶきは文化で川越をもりあげようという団体で演劇、朗読、コンサート、創作展などの幅広い活動を展開している。 山口陽子氏は市長・川合善明氏を初当選以来ずっと支えてきており、2016年結成された「川越の未来を考える会」の事務局でもある。 「セクハラ問題が起きても女性議員が七名もいるのに行動を起こさない。行動すべき時になぜ?ボス政治いわゆるムラオサ政治が横行し、議員に活力がなく、市議会傍聴の市民がいるのにもかかわらず、市議会そのものに緊張感がない。議案一つに対する問題意識も感じられない。議会は市民のためなのに」と山口陽子代表。 ...
続きを読む
IMG_4261

自民党埼玉県連政経フォーラム 盛況

11月12日月曜日。浦和ロイヤルパインズホテルで。自民党埼玉県連政経フォーラムが開催された。 来年春には統一地方選が行われることもあり、臨戦態勢の県議団、市議団が支援者をともない会場はまさに「立錐の地なし」であった。 国、県、市が連携し最高の実行力を持つ(新藤義孝県連会長)自民党埼玉県連だが、県内それぞれ、問題は山積みだ。「国や県は政党政治だが、市においては超党派で動かなければならない事案もあるから、自民党党籍があっても保守系無所属で戦う」という議員。「衆議院議員比例区含めて16名 参議院議員比例区あわせて5名 21名の国会議員がいるが、動いてくれる議員、動かない議員の優劣の差があるね」という長く自民党を応援してきたそのまちの重鎮。などなど多くの意見が聞けるのも「フォーラム」ならではだ。 応援する以上、国会での活躍を願うのは必然だ。力を発揮するには「実力」もさることながら「人的ネットワーク」をいかに永田町、霞が関で紡いでいけるかどうかだろう。一分一秒を大切に、地元、埼玉、そして国家に目を向ける「バランス力」も大切。この「人的ネットワーク」「バランス力」はすなわち「人間性」によって培われるもの。「人間性の高い」いわゆる「人格高潔」な議員が一人でも多く増えることを望む。 ...
続きを読む

議員だけではなかった!公務員の劣化

築地から豊洲へ市場が移転した。あの時の映像に築地市場は「営業しています」という民間人と都庁の職員の「閉場しています」という、ムキになったやりとりのテレビ画像をみて、あきれた人も多いだろう。「営業」「閉場」の同時発声、まるで漫画だった。 接客する女性を抱えるラウンジを経営している友人が怒っていた。警察の立ち入り調査があったが間違えたらしい。電話でクレームを言うと若い警官が「警察の書類ではこの日になっています」という言葉だけをエンドレステープのように繰り返したという。「同じ言葉の繰り返しなの。対話をしようとする姿勢がないのよ。コミュニケーション能力ゼロ!」と柳眉をあげていた。 ある自治体。担当窓口に問い合わせをした男性は憤る。「僕のことをお客様っていうんだ。ぺらぺらまくしたて、行政はサービス業とも言ってた。ちょっと違うだろ、というと、どうぞ、いかような処分をうけますので。と話が飛躍しちゃってよ。しかも、私の言っていること間違っているでしょうか?だぜ。腹立つよ。真摯に対応する息遣いがゼロだ。」 公務員は公平無私。もちろん行政はサービス業でもある。しかし、相手を怒らせてしまったらおしまいだ。人と人をつなぐのは「言葉」だ。そして、言葉と言葉の行間にあるふくみをもたせて、コミュニケーションを図っていく。コミュニケーション能力の欠落はすべてを破壊していく。 年が明ければ、時代が変わる。高いコミュニケーション能力があるとされる日本人。そのすばらしさをまずは公務員が「範」とすべきではないか?政治、行政の劣化にストップをかけなければならない。 ...
続きを読む

今日25日。ドラフト会議。埼玉西武に吉田輝星選手??

甲子園を沸かせた東北魂。秋田県立金足農業高校ナイン。人気は衰えることなく、混乱を避けるために文化祭も中止になったとか? U18日本代表に選ばれサムライジャパンのユニフォームをまとった吉田輝星選手。いまいち冴えないゲームでやきもきしたファンも多いだろう。プロ志望届を提出して会見に臨んだ吉田選手。「日本代表として試合に挑んだがいいピッチングができなかった。よく点検して今後の投球に生かしたい」と語った。 自分の非、自分の弱点を素直に認める。この姿勢を見て「吉田選手の未来は明るい!」と感じた。 人間いくつになっても「素直」が一番。大きくみせようとしてもいずれメッキは剥げる。あれだけ日本中を沸かせた甲子園のスターでもある吉田投手は直近の試合を冷静に素直に振り返った。 安倍内閣第4次内閣で工藤という政務官が収支報告をぬけぬけと数回にわたってゼロ申告をした。工藤氏の経歴をみると父親は名古屋の市議会議長までつとめた人物。工藤氏自身も学生時代から選挙の手伝いをしていたという。政治に目覚め、民間企業から名古屋市議へ。その後トントン拍子に国政進出、現在三期目。まったくの政治素人とは言い難い。政治資金の収支報告は熟知しているはずだ。そしてお約束の「政務を全うすることが責任」ということで幕引きを図っている。金足農業の吉田選手とは対極だ。 ...
続きを読む

川越まつりに水を差すセクハラ音声データ 川越市議セクハラ問題

の明日20日から川越まつりだ。川越氷川まつりの山車行事は世界遺産にも登録され、今年も多くの観光客が見込まれる。 しかし、だ。今日19日朝のワイドショー、昼、夕方と流れた音声はまさに川越まつりに水をさすものだ。 音声は先般セクハラ被害を訴えた女性職員が昨日再び会見を開き、開示したもの。 文書で見るものと聞くほうではまったく印象が違ってくる。 酒席に参加した女性に対して新井喜一元議員一人がセクハラ発言をしているのではなく、同席した市議A、市議Bが一緒になって騒いでいる模様だ。あの不自然な「おっぱい大きかった?」という新井氏の発言は同席した議員が女性職員の胸の大きさを測ったか?どうか?などと騒いだ末だ。沖縄旅行では同じ部屋に泊まる?と他の議員の名前もあげ、まさに乱痴気騒ぎ。酒席でのワイワイガヤガヤ以上のものを感じる。 ...
続きを読む

新井喜一川越市議会 元議長 12日辞職 

セクハラの疑惑が取りざたされている新井喜一議員が12日辞職願を提出した。 新井氏は市議会きっての実力者。議長経験もある。市議会事務局の女性職員からのセクハラ被害などの訴えは現在第三者委員会が設置され追求されることになっている。新井氏は「自分が議員でいることが円滑な議会運営に支障をきたす。健康上の理由」を辞職理由にあげている。 川越市民に今回のことで意見を求めた。 「女性議員がいるのに、コトの経緯を見てるだけとはどういうこと?。超党派で声をあげるべきでは?」 「議会空転が川越市議会の常識という非常識な現状を打破してほしい」 ...
続きを読む

明日出演 柴山文部科学大臣 日曜討論

安倍第4次内閣。埼玉県からの入閣は初入閣の柴山昌彦氏(所沢・旧大井・三芳・埼玉8区選出)が文部科学大臣に。地方創生大臣に初入閣を果たした片山さつき参議院議員も浦和生まれ浦和育ちであり自民党埼玉県連所属だ。世界に誇る日本のため、両氏には大きく活躍してほしい。 さて7日(日)のNHK日曜討論(朝九時より)は「内閣改造 閣僚に問う」。重要課題や何を目指すかなどが閣僚に問われる番組。柴山昌彦文部科学大臣・片山さつき地方創生大臣に注目したいところだ。 ...
続きを読む

埼玉県の都市ボランテイア 締め切り迫る 東京2020

東京2020オリンピック・パラリンピック・埼玉県の都市ボランテイア募集の締め切りは9月30日(日)まで。 オリンピックは2020年7月24日(金)から8月9日(日)まで、パラリンピックは2020年8月25日(火)から9月6日(日)まで開催される。 この都市ボランテイアは観戦客への道案内や埼玉県内の魅力PRを行う。国内外からの観戦客をおもてなしの心と笑顔でお迎えする都市ボランテイア。「世界に誇れるおもてなし」を合言葉に大会の楽しさ感動を一緒に分かち合えるチャンスでもある。 一般は3日以上、リーダーは5日間以上、語学専門は5日以上が活動日数。 バスケットボール会場のさいたまスーパーアリーナ周辺エリアは さいたま新都心駅、大宮駅、北与野駅などで1200人から2000人の募集。サッカー会場の埼玉スタジアム2002周辺エリアは浦和美園駅、浦和駅、東浦和駅、北越谷駅、東川口駅などで約700人から1500人の募集。ゴルフ会場の霞ヶ関カンツリー倶楽部周辺エリアは川越駅、笠幡駅、狭山市駅などで約700人から1300人の募集。射撃会場の陸上自衛隊朝霞訓練場周辺エリアは朝霞駅、和光市駅などで約1200人から2200人の募集。 ...
続きを読む
IMG_4007

川越まつりにむけて 地域一丸 仙波では曳き綱製作

16日仙波河岸公園で仙波会山車・山車庫管理修繕委員会による「曳き綱製作」が行われた。 川越まつりは今年10月20日・21日に挙行。川越氷川まつりの山車行事は世界ユネスコ無形文化遺産。山車がおまつりの「顔」であり「魂」だ。 「曳き綱」を山車を曳行するうえでもっとも大切なもの。仙波河岸公園約60 メートルを使って5本の綱を1本に撚る。撚られた1本の綱、3本を紅、白、おまつりの着物・仙波カラーの浅黄色の布で巻き 1本にするのだが、綱がたわまないように大人が腰をいれて布をしっかりとまく。参加者50名の成人男子も真剣だ。 5本、5本、5本、15本の綱が1本に。午前と午後で1対の綱が完成。 ...
続きを読む
IMG_1423

ホルン・ピアノ・ぞうれっしゃ・夏の一日

npo法人ピースやまぶき(松尾美保子代表)主催による川越市文化芸術によるまちづくり補助金事業は26日ウエスタ川越大ホールを家族連れで埋め尽くした。 総合プロデュースは川越出身、富士見市在住の東海林尚文氏。新国立劇場合唱団のメンバーの一員としてイタリア・フィレンツェ留学の経験を生かしオペラを歌う。富士見市文化芸術振興委員としても地域文化の振興発展に尽力されている。今回も東海林先生の熱のはいった指導のもと市民合唱団がこの日を迎えた。 第1部はわたしのまちの音楽家。川越ぞうれっしゃ合唱団の指揮を務めた牧野先生のピアノ伴奏で乾杯の歌からスタート。ホルン・フルート・ピアノ・ソプラノ・バリトンと本物の音がこどもたちを包む。 そして第2部。「川越ぞうれっしゃ合唱団」。今年で3回目。スタート当初は乳飲み子をかかえたママさんも参加したとか。今回の最年少参加者は3歳だった。松尾美保子代表は「二か月の特訓でうまくなる子供たちにいつも感動。音楽文化にふれ、それが心を豊かにする。素敵なことですよね。初対面の時はよそよそしかったこどもたちが練習を通じて友情を育むことも大きな意義があります。次は二年後。たくさんのドラマがうまれるとよいですが」と語った。 観覧した子連れママさん。年少組に通う坊やが飽きてしまわないか心配だったそうだが、「ぼく、今度ステージで歌いたい」と言ったことで、「素敵な夏の一日になりました。音楽のチカラはすごいし、この子がサーカスのぞうさん。動物園に行ってよかったね。ぞうさん殺されるなんて、戦争はダメだね。ともしゃべって、小さいころから平和への関心を持たせることもあらためて必要だと思いました。」と。 ...
続きを読む