コミュニティー


議員であるまえに人として・・・

丸山穂高衆議院議員がロシアとの交流団に日本の代表として参加、その中で日本の団長に北方領土を「戦争」で取り戻すか?などという暴言を吐き、政党・日本維新の会を除名処分された。現在衆議院では辞職勧告決議案を出すかどうかの動きがある。(辞職勧告決議は法的拘束力はない) 丸山議員は「辞職勧告は憲政史上例をみない、言論の自由が危ぶまれる。辞職勧告決議が可決されようがされまいが、議員職を全うする」などと猛反発だ。 事の重大さ、失言ではなく暴言であること、「恒久平和」を願う国際社会において、日本の立場(こういう国会議員を有していること)などは考えないのか、大きな疑問だ。 最高学府東京大学で、この方は何を学んできたのか? もともと酒癖がよくなかった丸山議員。以前は議員バッジをつけ、飲酒トラブルで相手の手にかみついたらしい。この行動も議員としての資質ゼロだ。そして、今回の暴言。酔っ払いのたわごとではすまない。酒席で失敗をする議員もあとをたたないが、丸山議員の発言は記者と懇談する団長へからみ、言語道断の発言。あいた口がふさがらない。 ...
続きを読む

明日15日 水曜日 11時に Jアラート試験放送

内閣官房と消防庁が、全国瞬時警報システム(Jアラート)を使った全国一斉情報伝達試験を実施。 これは国が発する緊急地震速報や弾道ミサイル情報などの緊急情報を市町邨のJアラート受信機が受信し、正常に防災情報無線から流れるかどうかを確認するもの。 試験放送なので、落ち着いて行動を。 ...
続きを読む
59732833_2190408137701597_7805272503999266816_n

秩父 井上豊さん(井上成美堂)テレビ東京 なんでも鑑定団に出演!

「開運なんでも鑑定団」は自宅に眠っているお宝を鑑定する人気長寿番組。 6月11日(火)か、18日(火)テレビ東京(チャンネルは7)午後8時54分放映分に秩父の井上豊さんが出演する。 井上さんは秩父で印刷会社を経営。まちおこしや地域社会奉仕にも取り組むパワフル人間。 特に井上豊さんは国際ロータリーのプログラム米山記念奨学生(返済不能の奨学金をアジアなど外国から訪日する優秀な学生に与え、将来日本との懸け橋になってほしいという願いと三井信託銀行創設者米山梅吉翁の遺徳を偲んで創設された基金 歴史は60年以上)を秩父皆野・故医師の金子千侍先生(秩父音頭の家元)の道場に招き秩父音頭を特訓し、秩父音頭まつりコンテストに出場させる行事を長きにわたってサポートしているまさに草の根国際外交を体現実行している。 井上さんが「なんでも鑑定団」出品されたものは「シリンダーオルゴール」。さて結果はいかに・・ ...
続きを読む
img099

英語でニッポンを語ろう!コンテストin 川越 今年も!

「英語でニッポンを語ろう!コンテスト in 川越」が4回目を迎える。 2020年東京オリンピックパラリンピックを視野に、今回のコンテスト出場者には川越市と連携のもと川越市内の様々なイベントに英語ボランテイアとしての活躍の場も準備されている。 日時は7月6日(土)14時から。ウエスタ川越。 部門は学生(中学生高校生)、一般、小学生、商業サービスPRの4部門。 発表形式はスピーチ、プレゼンテーション、漫才、ショートコント、寸劇など多種多様。 ...
続きを読む

犯罪被害者支援 県内では3市が条例

犯罪被害者の幅は広い。当事者であったり家族であったり。警察としてもその支援をしてきたが、県内の3市がそれぞれ条例を制定した。 国の犯罪被害者等基本法に基づき県内でさきがけとなったのが戸田市。 春日部市は「相談・必要情報の提供・アドバイス・見舞金の支給」東松山市は「日常生活支援・家事支援」などを盛り込む。 埼玉県でも「県犯罪被害者等支援条例」を制定している。 これらのことは犯罪被害者支援の裾野が広がることもあり、県内すべての市で取り組んでほしい案件だ。 ...
続きを読む

憲法記念日。改憲へ加速か?

大型連休。改元。令和新時代と世の中お祝いムードの中、3日は憲法記念日だ。 憲法について考えた国民はどのくらいの数なのだろうか? 昨年7月ウエスタ川越では首都大学東京教授木村草太氏をまねいて「憲法という希望」をテーマに講演会が開催された。「9条の会 かわごえ連絡会」主催によるものだが、満席となった会場には「憲法」について真剣なまなざしで聴く参加者の熱心な空気が流れた。 現行の憲法9条(戦争放棄、戦力不保持)に、「必要な自衛の措置」のため「実力組織として自衛隊を保持」という項目を付け加えるというのが自民党による改憲条文案。安倍総理は「2020年を新しい憲法が施行される年に」というビデオメッセージを憲法改正をもとめる民間団体の集会に寄せた。改憲についての加速が進む可能性もでてきた。 平和国家日本が存続されるために一番いい方法はなにか?政党の壁を越え、国民全体で考える時となるのか?この議論については、国を挙げて、時間をかけてやっていかなければならない。 ...
続きを読む
IMG_0759

新時代令和。

令和時代が幕を開けた。 雅子皇后陛下のご成婚パレードを彷彿させる輝く笑顔が、改元の幸せを形づくる予感だ。 平成は日本では戦争が起きなかったが、海の向こうでは相変わらず犠牲をともなう戦いが起きていた。そして日本では未曾有の災害、大地震、豪雨などで尊い命が失われた。またいじめに苦しむ、未成年が人生を自らの手で絶ってしまう悲しい出来事も。そういった歴史も頭にいれながら「令和」を生き抜いていかなければならない。 今を生きる大人の責任として、令和天皇 皇后さまのもと、「日本」に誇りをもてる人間となるような教育こそ求められているのではないか・ネット社会となって人と人のつながりが希薄になっていることも変えていかなくてはならない。年賀状を書く、ご恩を受けたら礼状を書くということなど日本人のよき伝統から復活したらどうか? 数年前に知人が「天皇陛下が疎開した場所、空気を知っておくべき」と連れていってくれたのが、日光の田母沢御用邸(写真)。質の高い友人知人を持つこと、これも令和時代に大切にしたいことだ。 ...
続きを読む

さよなら平成。

平成の時代。飯能市では平成市民の会という団体が推す市長が誕生した。昭和から平成。何か希望に満ちた幕開けだったのだ。政治は民のもの。そういった風潮もあり、自民党が下野した期間もあった。しかし、民主党政権は決められない政治が露見し、「やっぱり自民党」と自民党が政権を奪還し、現在にいたる。 飯能市長はその後、平成元年決戦に敗れた相手候補が県議から市長へ転身し、穏やかな市政運営がなされていた。しかし、選挙の神様は冷酷で、盤石と思われた政治基盤の現職市長に対抗した、合併した名栗村出身の候補が当選。名栗出身の大久保市長がムーミンのまち飯能の顔として、令和の時代を生きていく。 今回、北本、行田の2市長選挙、現職強しといわれつつも新人が劇的に勝利した。 政治の世界は、勝利したあとが本勝負、とよくいわれる。頂点を極めたあとは「終わりのはじまり」を意識すべきだ。投票率50パーセント以下で選ばれたらなおのこと。半数以上が冷静な目で政治家を見つめているのだ。 議員も首長も、「平成」についてどんな感慨をもっているのか?SNSなどでチェックしたいものだ。 ...
続きを読む

令和新時代の川越を担う市議決まる

36議席に対して48名出馬という川越市議選。 川越市は西は笠幡、名細、北は山田、東は芳野、古谷 南は南古谷 高階 福原、大東。それに本庁管内と広い。市議選は地域間競争といわれているがその通りだった。 また今回は議会事務局女性職員に対してセクハラ発言を認定された新井喜一氏、同席した海沼秀幸氏、樋口直樹氏、小高浩行氏この4名も出馬したが、新井氏は落選、海沼氏は3位当選、樋口、小高両氏も当選と明暗を分けた。 セクハラNOをかかげた山口陽子氏もおよばなかった。一方現職女性市議、山木綾子氏が4000票を超える得票で1位、吉野郁恵氏が続いて2位。女性議員への期待のあらわれだろう。山木氏、吉野氏、新人村山氏(男性自民党公認当選)そして新井喜一氏、4氏とも高階地区であり、政治への関心度の高い地域なのか?上位2名を輩出し、新人候補を当選させ、注目地区ともいえる。 選挙広報。この広報は常に閲覧可能とすべき、という声もある。選挙広報に候補者が記入しているものは有権者との約束だ。その議員が4年間何を目標に何をしていくかのスケールになる。 ...
続きを読む
IMG_2070

注目選挙区 川越市議選の行方は?

全国ネットで「セクハラ事件」がとりあげられた川越市。 女性の候補者は現新あわせて11名出馬。定数36議席に対して立候補者は48名。 セクハラだけが争点ではないが、埼玉県ではじめて市政施行となった伝統の川越、中核都市川越だ。 この4年間でも問責決議など不祥事が続出した。時代は平成から令和。すがすがしく 立派な川越市政を担う人が選ばれてほしい。 ...
続きを読む