コミュニティー

image_print

パワハラを訴えたものの川目市議は退団処分に

読売新聞に「先輩議員からパワハラを受けた」とし大きな記事となった問題。 このパワハラを受けたと市議会議長宛てに再発防止を求める措置請求を提出した1期目の川目武彦市議(当時自民党川越市議団。現在は無所属会派)。 川目氏の訴えは自民党市議団視察研修の時のものだが、まずは川目氏、この視察研修を視察旅行と表現していることに違和感を感じた。さらに川目氏は議員になってから6か月の身。団内で教育されるべき立場であるだろう。 パワハラと指導についてはよくその境界線を議論されるものだ。 今回は自民党川越市議団、パワハラをしたとする吉敷賢一郎市議について「パワハラが特定されない」「措置請求書に経緯の部分が欠けあまりに一面的」とし、川目武彦氏を退団処分とした。吉敷市議にも「戒める部分もある」とし戒告がなされた。 ...
続きを読む
IMG_2482

本日22日 即位礼正殿の儀 歴史的瞬間を大切に

令和天皇 即位礼正殿の儀。 歴史的瞬間に立ち会える喜びを分かち合いたいと思います。 朝から激しい雨粒で心配しましたが、即位礼正殿の儀がはじまる午後1時前、雨はあがり東京の空にはキレイな虹がかかりました。 さすが天皇様!令和の時代はすばらしいものになる吉兆、天までもが祝福されたのです。 虹を冠にする弊社レインボーネット川越もそのおすそわけをいただいたようです。 ...
続きを読む

川越でも甚大な被害 台風19号

台風19号、被害に遭われたすべての皆さまにお見舞いを申し上げます。 越辺川の堤防が決壊し、川越市下小坂では特別養護老人ホームキングスガーデンの入居者の方が孤立してしまった。 18年前にも浸水被害があったことから、水害対策は毎年してきたというキングスガーデン。午前4時には入居者を2階建ての施設に職員総出で移すことができたという。それでも午前中から消防・警察・自衛隊の連携でさらに入居者を安心できる避難所へ。 今回の台風は過去に類をみないもの。大型でしかも停滞し、雨量が増した。被害も長野・新潟・群馬・神奈川・東京・千葉・茨城・福島・宮城と広範囲だった。 川越市内ではこのほか、床下床上浸水被害の住宅が300棟以上も。膨大な雨量で、水を含んだ大地、また明日も降雨の予報があり、まだまだ油断は禁物だ。 ...
続きを読む
IMG_2412

熱狂ラグビー日本中を席巻!明日はサモア戦。

ラグビーワールドカップ日本代表の快進撃で、日本列島が熱く燃えている。 明日5日は19時半からサモア戦だ。 そんな中、日本ラグビーフットボール協会が「初心者のための観戦ガイド」という動画を配信し、話題になっている。 初心者のための観戦ガイド ルールはもちろん、選手の役割、戦略などがわかりやすく動画で見ることができる。これは明日のサモア戦の前にチェックすべきだ。 ...
続きを読む
IMG_2399

嵐山町が今熱い!町議選に17名出馬。

比企郡嵐山町。鎌倉街道が通り、館跡もあり、風光明媚な土地。京都の嵐山に通じる四季折々にみせるマチの表情。そのまちでただいま町議選がおこなわれている。4年前の選挙は無投票だった。今回は定数13議席(1議席削減となった)に対して17名が立候補している。 現職10名新人6名元職1名。女性候補は3名だ。年齢は44歳現職から75歳現職まで。40代1名、50代2名、60代11名、70代3名だ。議員のなりて不足の反映は年齢層が高い。 同性同名も。投票のあんぶんも難しい。選挙戦も南北に広がる山間部あり平野ありの町ではあるが、宣伝カーそのものを運行せず、自転車遊説をする候補も。実際名前の連呼だけではどんな政策でどんな人柄かを確認はできないから、それも一つの戦術かもしれない。 地方議員は地域住民のために、耳を傾け、目を向け、心を配ることが肝要。そして、選挙は一生懸命な人が勝つ、その原則は変わらない。令和時代のまちの活性化の旗振り役を選ぶ選挙。住民の判定は?? ...
続きを読む

母親の責任

こどもが被害にあうことがあとをたたない。今回もさいたま市内で悲惨な事件が起こってしまった。 教職員を母に持つ四年生の男の子が首を絞められてなくなっていた。「塾に行った。」と証言した父親32歳という表示を見て実子か?まずは考えた。また自宅前のメーターボックスに遺体があったこと、靴をはいていないこと、不審な点が多く、事件解決は早いと思っていたが、やはりスピード解決となった。犯人は義父であった。またこどもが犠牲になってしまった。 教職員の母親は5年前に離婚。兄は実父にひきとられている。母親は報道によるとSNSで知り合った男と最近再婚。その義父は「本当のお父さんではないのに」と言われたことから首を絞めたということだ。教職員という子供たちに「生きる基本」を教科書や日々の言動行動から教え示す立場にある母親がなぜ、SNSで安易に男性と知り合い、再婚をしてしまったのか、ということに驚く。もちろん、母親だっとはいえ、教員とはいえ人権があり、生きる道に制限はないが。 再婚した相手や、付き合っている相手からこどもたちが虐待をうけ、命を落とすこともあとをたたない。 「母親の責任」は重大だ。「父親の責任」も問われるかもしれないが、「父親」のパートナーが虐待や「子殺し」までエスカレートしてしまうことは絶対数が少ない。今一度、「母親」とは?ということを社会全体で見直す時ではないか。 ...
続きを読む

全国各地でひろがるフラワーデモ 性暴力を許さない!

性暴力の加害者が不起訴になるケースが増えている。それも親からの性暴力も含めて。 「抵抗しようと思えばできたのではないか?」「家が狭いので子どもからの証言が信用できない」などなど。 不起訴処分としても、その子たち、女性の気持ちはどうなのか?今後の将来は?という大きな問題があることは払しょくできない。それに呼応し、女性たちが立ち上がっている。花を持ったり、花柄の洋服を着てデモを行うことから「フラワーデモ」と呼ばれている。6月が9都市で、7月が14都市で、8月が18都市で、9月は21都市で確実にその輪はひろがっている。 #me too や  ...
続きを読む

内閣改造 支援者の気持ち

第4次安倍改造内閣。 支援者の気持ちはやはり「大臣」に。 埼玉10区選出山口泰明代議士。ただいま自民党組織運動本部長。「今度こそ」と思っている支援者多数だったが山口氏の入閣はなく、自民党組織運動本部長に留任だった。自民党組織運動本部長も自民党7奉行の一角をなし、自民党の底力である地方組織、職域団体組織の総取締をする要職を5期連続というのは、山口代議士が安倍総理から信頼されている証左でもある。 今日のTBSのひるおびで政治ジャーナリスト田崎史郎さんが「入閣を断った人もいるんです。息子へのバトンタッチを見据えて」とコメント。「これこそ、山口泰明先生のことだ。」ということが話題になっている。 そもそも山口泰明代議士は「自ら汗をかいて、手柄は他人(ひと)に」という竹下登元総理の教えを地でいくタイプ。党務に汗をかき、調整役としても辣腕を発揮している。 ...
続きを読む

霞ヶ関カンツリークラブ 周辺整備どうする?

2020東京オリンピック・パラリンピックまで1年を切った。 昨日のテレビでは川越の笠幡駅周辺・霞ヶ関カンツリークラブ周辺の取材がされていた。 ボランテイアは競技開会前2時間から3時間集合。6時半に競技が開会するゴルフでは3時半くらいに 集まる。ボランテイアは終電に乗って競技に備えるとのこと。 川越市民ならばよくわかるが、笠幡駅周辺にはホテルも24時間営業のファミレスもない。 ...
続きを読む

真夏の政治決戦 知事選大野もとひろ氏が制す

今年は選挙イヤー。春の統一選(県議選、市長町長選、市議選町議選)につづいて参議院選、そして埼玉県知事選だ。 8月8日告示の知事選は3つ巴の戦いが急遽こうだ邦子氏が出馬断念。 大野もとひろ氏VS青島けんた氏の事実上の一騎打ちとなった。 野党統一候補対自民党公明党推薦候補という図式だったが保守票までとりこんだ大野もとひろ氏が青島氏を制した。得票率は48パーセント対45パーセント。まさに僅差だった。 保守色の強い川越でも3000票余り大野氏が多く得票。自民党支持層の6割、公明党支持層の8割が青島氏ということが報道されていたが、勝因は「保守票の大野氏への流れ」それにつきる。 ...
続きを読む