コミュニティー

image_print
IMG_2234

8日 埼玉知事選告示 青島・大野・こうだ

16年ぶりの新人対決。埼玉県知事選が8日告示される。 土屋県政から上田県政へ。そして令和新時代の埼玉の顔は? 青島健太さん。元ヤクルトスワローズ、スポーツジャーナリスト。 大野もとひろさん。参議院議員(埼玉選挙区)元外交官 こうだ邦子さん。元参議院議員。 ...
続きを読む

参議院 議員会長に関口昌一氏 (秩父皆野出身)

参議院埼玉選挙区 秩父皆野出身の関口昌一氏が参議院議員会長に就任する。 良識の府参議院へは埼玉県議会議員を3期務め、補選を突破して就任した。 現在4期目。参議院幹事長代行、参議院国会対策委員長を務めた。 父は故関口恵三氏であり参議院をつとめた。 埼玉県では自民党7奉行の組織運動本部長山口泰明氏についで、この快挙。 ...
続きを読む

投票率が上がらない。

令和初の国政選挙、参議院選挙が終わった。 投票率が50パーセントに届かなかった。 ある人が投票率がせめて60%にいかなかった場合は再選挙がよいのでは? 選挙にいかないというのも意思表示かもしれない。 安倍一強、弱体野党だから「1票」の重みがないという人もいるだろう。 ...
続きを読む

京都放火事件について

ippann凄惨であまりに理不尽な事件が起こった。 日本を代表する、まさに世界で輝く日本のアニメーション制作会社、株式会社京都アニメーションに火を放って34名の尊い命が奪われてしまった。同時に日本のサブカルチャーの財産(人的にもハード的にも)、そして前途有為な若者の命、才能をも失ってしまった。 あろうことか、被疑者はさいたま市見沼区在住。埼玉から京都までどんな心理で、向かったのか。 ガソリンを携行缶に売ることは一般への人には禁じられているが、その網をくぐって、40リットルのガソリンを手にいれた被疑者。京都アニメーションの会社は螺旋階段が1階から3階までつながっており、その螺旋階段が煙突のような役割をして猛煙と猛火を瞬時に建物へ行き渡らせた。被疑者は妄想によって自分の小説を作品に使われたということを話していたようだが。被疑者自体もこのような惨事、猛火猛煙の勢いを想定していたか否かは、被疑者の回復を待ち、詳細に聞いていかなければならない。 火事で命を失うのは、一酸化炭素中毒。猛煙を吸うことによって命を失ってしまうのだ。憎むべきは「火を放つこと」。重罪だ。 ...
続きを読む
IMG_2214

令和初の国政選挙、明日投開票。

令和初の国政選挙。参議院議員選挙は17日間の戦いを20日(土)終える。 参議院は良識の府。解散がある衆議院と違って任期は6年。議員には高い見識が求められる。 また党派を超えて「議論」を深める、まさに「論戦」の場でもある。 埼玉選挙区は今回定数が1増となった。 6年前は自民の古川氏が100万票を獲得、それに公明の矢倉氏が約60万、みんなの党の行田氏が約46万で議席獲得。民主の山根氏が39万、共産の伊藤氏が35万で敗れた。投票率は約51%だった。 ...
続きを読む

オーバーツーリズム 川越の場合

オーバーツーリズム、観光公害。言い方によっては観光客がそこに住む住民の生活を脅かすということ。 先般、TBS噂の東京マガジンで、川越がとりあげられていた。何名かの市民も取材に協力していた。 やはりごみの不法投棄、ごみの放置、自宅の庭への立ち入り、自宅駐車場の立ち入り、若者の騒ぎ声などが苦情としてあげられていた。(自宅敷地内への立ち入りは不法侵入罪に問われる)。 蔵造りのまちなみの市民は「観光バスの通行によって振動が大きく多くなり、自慢の蔵にひびがはいった」とも。 またあのまちなみを訪れる観光客の多さ、車道まではみだし、接触事故も発生しているという。 ...
続きを読む

あなたも聖火ランナーに。応募はじまる。

聖火ランナーへの道はコカ・コーラ、トヨタ自動車、日本生命、NTT、他、各都道府県実行委員会、への応募で可能だ。詳しくは各ホームページで。聖火ランナーは全国で1万人。 川越市は2020年7月9日(木)第1区となる。本丸御殿や蔵造りのまちなみをトーチを持ったランナーが走りぬく。 埼玉県は7日(火)川口→蕨・戸田→和光・朝霞・新座→日高→狭山→富士見・三芳・ふじみ野→所沢 8日(水)草加→八潮・三郷→吉川・越谷→秩父・皆野・長瀞→春日部→杉戸・宮代→久喜・加須→行田→熊谷 9日(木)川越→鶴ヶ島・坂戸→本庄・深谷→嵐山・東松山・滑川→鴻巣・北本→桶川・上尾→さいたまの予定。 ...
続きを読む
IMG_2161

弊社取締役 岡部逸雄が 本日「とくダネ!」出演 大阪警官襲撃事件で

本日放送のフジテレビ「とくダネ!」に弊社取締役岡部逸雄が出演しました。 大阪でおきた交番襲撃、警官重体、拳銃強奪事件についてのコメント。 拳銃が強奪されたことで、二次犯罪阻止、ましてやこの月末にはG20が大阪で開催されることなどで一刻も早い犯人確保を全警察挙げて取り組んでいた。容疑者は今朝6時半に身柄を確保された。 番組では元埼玉県警捜査一課佐々木成三さんは大阪現場から、弊社の岡部逸雄はフジテレビスタジオからの出演となった。 佐々木さんと岡部は同時期捜査一課に所属。まさに一つの事件の捜査本部が立ち上げられ、容疑者逮捕→取り調べ→容疑者自供→起訴という流れにそってその目的に心を一つにしていた間柄でもあり、大阪、東京と息のあった出演ともなった。 ...
続きを読む

能代のアイドル佐藤さんに異常な嫉妬か?青森深浦死のダイブ池島容疑者

9日秋田青森境で別れ話を切り出された男性が女性の首を絞め40メートルの崖からダイブという報道がされた。 あの場所は大間越海岸という大変美しい場所。特に夕日の美しさは絶景の深浦町、もう少し走ると白神山地に抱かれる十二湖という神秘的な湖への入り口。青沼の透明度は素晴らしい。そしてさらに青森方面に向かうと海の中にある野性味あふれる不老不死温泉。黄金色のお湯と日本海の波をうけながらの入浴も醍醐味。八峰町という名前。秋田音頭にうたわれる八森ハタハタの八森町と峰浜村の合併によって生まれた。 その道の駅はちもりで行方不明の車をパトカーが発見。すでに被害者の女性は両手足を結束バンドで拘束され、亡くなっていたのだろうか? 池島修寿容疑者は秋田在住だが、能代出身。被害者の佐藤麻美さんは能代の繁華街ではアイドル的存在だったという。池島容疑者と佐藤さんは交際中であったが、佐藤さんのアイドル的人気に嫉妬してしまった池島容疑者。「早く佐藤さんについて、池島にきっちり話をしてやればこんな悲惨なことにならなかった。俺らが悪い」というのは佐藤さんのお店の常連客。さらに「佐藤さんは年齢の高い俺らにも若いものにも分け隔てなく話を合わせてくれて、スリムだけど元気いっぱいの子。アイドルという言葉がぴったり。池島も真面目でいいやつ、39歳と32歳分別ある年齢なのに」と声を詰まらせた。 佐藤さんは池島容疑者のDVを警察にも相談していたという。DVから決して幸せは生まれない。佐藤さんは一週間前に池島容疑者に暴力をふるわれていたものの、亡くなる直前の8日に友人を交えて食事をしている。この時佐藤さんは別れ話を胸に秘めていたのだろう。友人宅を出る時二人は別々であったというが、暴力を振るわられた恐怖があれば、一人になってはいけなかった。DVに悩む人々は心もカラダもズタズタ。決して一人では悩まず、専門家のアドバイスのもと「身を守り」「対策」で幸せをつかんでほしい。 ...
続きを読む
img20190607_16562425

関東梅雨いり 今夜7日落雷突風も ハザードマップも参考に

関東地方が梅雨いり。とくに今日は梅雨前線に低気圧がからみ、活発な雨雲発生、激しい雨になっている。 これから、今夜遅くにかけて強い雨、落雷、突風と荒れた天気になりそうだ。 川越市では「水害ハザードマップ」を昨年12月に発行した。 こういう天気の時こそ、家族でハザードマップを確認し、災害に備えたい。 ...
続きを読む