コミュニティー

image_print
IMG_2070

注目選挙区 川越市議選の行方は?

全国ネットで「セクハラ事件」がとりあげられた川越市。 女性の候補者は現新あわせて11名出馬。定数36議席に対して立候補者は48名。 セクハラだけが争点ではないが、埼玉県ではじめて市政施行となった伝統の川越、中核都市川越だ。 この4年間でも問責決議など不祥事が続出した。時代は平成から令和。すがすがしく 立派な川越市政を担う人が選ばれてほしい。 ...
続きを読む

新元号 令和。新時代始まります。

平成から令和。新しい時代がはじまります。キレイな音感。 「明治がМ。大正がT。昭和がS。平成がH。すると今度はAかしら、するとア行よね。」というのは駅での会話。 略語はR、となった。どんな時代になるのか? 昭和・平成・そして令和という3時代を生き抜く自分に、とにかく驚くのである。 さてさて 明るく楽しく、喜びであふれた時代であることをひたすら念じたい。 ...
続きを読む

おわび とくダネ!は「取材協力」

昨日 弊社取締役 岡部逸雄が フジテレビ「とくダネ!」に出演という情報を流しました。 結果音声がオンエアされることはありませんでした。放送前にフジテレビさんより「選挙が近いので、特定候補応援になってしまう」旨のご連絡をうけました。 メデイアは公平で公正、公共性を重んじますから当然のことです。フジテレビさんの慎重で丁寧な対応に頭が下がります。 レインボーネット川越も早々と皆さまにお知らせしてしまい申し訳ありませんでした。 候補予定者とメデイア。慎重にしなければなりません。 ...
続きを読む
IMG_1884

可児さんの遺志は平成から次に時代へ。都市景観シンポジウムでも話題に。

第15回かわごえ都市景観表彰・都市景観シンポジウムは9日13時半よりウエスタ川越で開催された。かわごえ都市景観表彰は平成2年より隔年で実施され、今年で15回目となった。まさに平成を代表する川越の事業の一つである。 空間を構成するすべてにバランスがとれ新しい試みや工夫が盛り込まれ景観づくりに対する模範のなるものに与えられるものが「都市景観デザイン賞」となる。表彰されたものは「旧大工町長屋」(長年空き家になっていた店舗に息吹を与え、交差点の風景を一変させた 連雀町27-1)「稲葉屋本舗+吉仁製菓」(平成27年菓子屋横丁全焼火災 6棟のうち3棟を二店舗に再建。町並みのにぎわいと看板ベンチ、人を招き入れるしつらえ。火災復興のシンボル 元町2-7-6)「龜屋栄泉南亀楼」(脇役になりがちな路地の魅力をひきだした演出 幸町5-30)「氷川神社旭舎文庫」(地域のこどもたちに親しまれていた駄菓子屋を地域に開かれた読書館へ 真面目に修理修復した関係者の想いの結晶 志多町1-1)「小島家店蔵」(空き店舗の店蔵を保存再生 復原 分断されていた町並みの連続性と通りの歴史性も再生 連雀町13-4)の5点。「この場所にあるから意味がある」といった作品群であった。 表彰式のあとは東京藝術大学准教授藤村龍至先生による「まちと社会を設計する」をテーマに講演だった。鶴ヶ島中央交流センター、大宮東口プロジェクト(大宮駅グランドステーション構想)など住民と建築家と行政の三位一体の必要性が語られた。 また閉会の挨拶で、二瓶川越市都市計画部長は、蔵造りの町並み再興に奔走した 初代蔵の会会長可児一男氏が逝去したことにふれ、「可児さんのご遺志をつないでいくことも私たちの責任」と述べた。二瓶都市計画部長のお役所言葉の羅列ではない挨拶は可児さんの偉業をしのばせた。 川越藩主松平周防守康英は福島県棚倉から家来とともにやってきた。その棚倉出身の武士の末裔はいまだなお川越に住み各分野で活躍をしている。可児氏はその一人。可児氏は蔵造りの町並みを再興させるだけではなく、一番街周辺が国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されたあとも「川越町並み委員会委員長」として見事な調整役を果たした。油彩画の創作にも意欲的で上野の森美術館「日本の自然を描く」で優秀賞を受賞した可児さん。温厚・柔和な瞳の輝きは忘れられない。 ...
続きを読む
cache_Messagep25785

ポイントカードなどの情報と警察の捜査について とくダネ!で岡部逸雄語る!

昨日放映のとくダネ!(フジテレビ 月~金 8時から放映)に出演した弊社取締役 岡部逸雄。 2012年まで、会員情報の提供を裁判所の令状条件必須だったものが緩和された事象について、元埼玉県警刑事部警察官だった岡部逸雄が語った。 2012年からは裁判所の令状ではなく、「捜査関係事項照会書」で情報開示に対応することになった。そのことについて、世論的には氏名・住所・個人の嗜好・レンタル履歴などが開示され、「丸ハダカ」にされてしまうのではないか?という危惧が大きな話題となっていた。 取材では「捜査をしていく上で容疑者ではないかという人間に対して、身辺調査をする。その中でポイントカードに限らず、携帯履歴、交通機関のICカード、(鉄道・高速道路)本人の情報をできるだけ多く集めるのは捜査の第一歩。すべての人の情報を警察が知りえるのではなく、浮上してきた、犯罪に関わっているのではないか?と思われる人に限って。それももちろん刑事訴訟法、個人情報保護法と法律のもとで、厳重な保存と管理されるもの。重大犯罪に結びつく容疑者を一刻も早く逮捕、また、その容疑者が犯罪を重ねることがないようにということ。要は市民の命・くらしを守る!というスタンスあってこそ。」ということを話した。 オンエアでは10秒足らず。しかし、テレビ番組制作の苦労(時間との勝負、ポイントを引き出すインタビュー手法、カメラアングルなどなど)をナマで感じ、よい経験になった。 ...
続きを読む
IMG_1819

明日フジテレビ とくダネ!に弊社岡部取締役出演です。

Tポイントカードの個人情報。それを警察が捜査令状ではなく、捜査関係事項照会書で照会できるというのはいかがなものか?という風評がでている事案に対して、弊社取締役、岡部逸雄が取材を受けた。 その模様は明日8時 フジテレビ 「とくダネ!」で。 ぜひご覧ください。 ...
続きを読む
IMG_4369

川越新時代に向けて 槌音高く 川越駅西口利活用の概要

小江戸飛雁会(代表幹事 馬場弘)は、川越の企業に縁あって赴任してくるビジネスマンのために講座を開催してきた。その講座数は50回をゆうに超えている。 代表幹事の馬場弘さんは「川越城は別名初雁城とよばれた。雁がお城の大木を周回して鳴き声をあげながら渡っていく。それになぞらえ、企業戦士に川越の伝統文化、食文化を知ってもらって、次の赴任地でも川越を思い出してほしい気持ちで会をたちあげた」という。 今回の講座は川越市都市計画部長の二瓶朋史氏(国土交通省から出向)が「川越西口市有地利活用事業概要」をテーマに講話した。 講話要旨 「川越駅西口のデッキが延伸し、現在重機が動いている場所に地上11階建てのランドマークが建設される。ランドマークは行政機能(3階 ウエスタ川越からの機能移転・福祉子育て窓口、障がい者総合相談支援センターなど、機能が従来よりもアップデート)民間施設(1階2階 4・5・6階商業施設などテナント)東武ホテル(7階から11階)で、川越駅西口エリアの人の流れを活発化させ、賑わいの創出を図る。また川越西口には一日に600便のバス(企業・学校・路線・観光)の発着がある。オリンピックでは霞ヶ関カンツリーとのシャトルバス運行も予定されているのでバスがスムースに運行できる環境づくりをする。国道16号交差点改良工事もそのひとつ。道路は国道、県道、市道と管理下がわかれているが、国・県・市の緊密な連携で事業を成しえていく。川越市制100周年は2022年。初雁公園周辺整備についても市制施行100年に向けてすすめていきたい」 川越西口ランドマークは、すべて、来年2020年ゴールデンウイークには開業だ。おそらく名称募集もあるに違いない。川越新時代、新しい川越の顔ができる。新しい「にぎわい拠点」に胸が躍る。 ...
続きを読む
IMG_1793

いつもポジテイブに メダリスト池谷幸雄さん講演

公益社団法人 川越法人会 女性部会 (栃原綾子部会長)新春公開講演会は15日午後3時より川越東武ホテルで開催された。 今回の講師はソウル、バルセロナと2大会続けてメダル獲得、現在テレビコメンテーターとして活躍の池谷幸雄氏。 ...
続きを読む

ドローン活用で新分野 羽生モータースクール

ドローンというと観光的な写真撮影をイメージするが埼玉県の行田市と自動車学校がドローンを通じて災害時のドローン活用で防災協定を結んだという。 自動車に乗る人口が減っている。例えば70年代、80年代クルマなくしてカノジョをゲットすることは不可能に近かった。また男性のステータスシンボルの中にクルマは必須アイテムであった。 しかし、今の若者はクルマを持たない、免許を積極的にとらない。 すると自動車学校はどうするのか?と市中の自動車学校の看板をみながら想像していたところ、今回の報道だ。 羽生モータースクールの五十幡和彦社長は「災害時はドローンだけではなくスクールを防災拠点に。もちろん被災者のために避難、輸送のために車両も使用していただく」ときめ細やかな展望を語る。 ...
続きを読む
img096

助かる命がある!川越小江戸ロータリークラブ初大師で献血活動。

川越お正月の風物詩の一つ。喜多院の初大師は1月3日。来年2019年は統一地方選挙、参議院選挙、知事選と選挙イヤーだ。おそらく必勝だるまを求めて候補予定者を含む善男善女が多く参拝に訪れるはず。 国際奉仕団体 川越小江戸ロータリークラブ(金子貞男会長)は会員である三上泰弘さんの会社前を開放。日本赤十字社と協力して献血運動のよびかけを行う。川越小江戸ロータリークラブとしては10年以上続く継続的な社会奉仕事業だという。 献血によって救われる命。平成から新しい時代への転換点。一つの節目として「献血」もよい行動かもしれない。 ...
続きを読む