コミュニティー

image_print
IMG_2440

川越氷川祭の山車行事・今年は我慢 開催は神事のみ 令和2年コロナ対策で。

コロナ感染拡大防止で、川越まつりも中止となった。 本当に残念だが、まつりといえば 密集密接なのでいたしかたない。 昨年、川越まつりの直前に川越氷川神社の山田宮司の講話を聞く機会があった。(写真) 山田宮司 講話要旨 「まつりはそもそも、恵をいただき神様に感謝する、一方、洪水・大雨・災害などから地域を守るために 祈ることからはじまっている。個人の幸せを祈り 地域の安寧を祈る、めぐみに感謝する、それが まつりの中心だ。農業の中心は稲作。豊穣な土地から作物をいただくということも神様あってだ。稲作はおひさまがふりそそぎ、水がうるおい、風が吹き、稲が実る。これらは人間の力を超えたところにある。自分の力だけではなく、自然からもたらされたもの、ということを昔の人は知っていた。氷川祭の山車行事 氷川神社創建された日を再現するおまつりで、9月15日から10月15日がその神事の期間であり、9月15日というのは、関ヶ原で徳川方が勝った日でもある。神幸祭は 川越まつりの起源で、山車が神様のうしろをしずしずと練りあるく。氷川の神様が馬に乗り、神様がお力をふりまく、ということだ。新たな技術、科学の発達、携帯電話もガラケーからスマホへ。その時代においつくことで安心を果たして得られるのだろうか。実は何年たっても変わらないものを持つことも大切なのだ。縦の糸は歴史、横の糸は生きている今のまち、その交差するものがまつりであり、この縦の糸と横の糸が布となって川越を守っている。個を超えた、公の祈りに川越まつりの真髄もある」 ...
続きを読む
img20200710_15221740

越えていこう、川越ポスタープロジェクトに参加しよう!限定1000社・者

川越市内多くの事業者がコロナウイルス禍によって、悲鳴をあげている。しかし、いまこそ、活気あふれる市内経済・川越観光を取り戻そうということで、主催・小江戸川越観光協会、共催川越市・川越商工会議所でポスタープロジェクトを始めた。 川越の地名が川を越えてたどりつくという地形から名付けられた。しかし、先人たちが越えたのは、川ばかりではなく、いくつもの危機。先人たちと同様、今の困難を乗り越え、克服できるはずというコンセプト。 料亭山屋当主松山潤さんは「観光振興はいうまでもありませんが、まちの人々がつながり、元気づけ合い、未曾有の困難に立ち向かうこと。アニメドラゴンボールのようにみんなの元気で大きな元気玉をつくろうということです。観光の原点は(近き人喜びて遠き人来たる)、観光とは地域の光を観ることです。それらを合わせ、このプロジェクトは成功してほしい」と語る。 川越人の叡智を結集すれば、必ず、困難を打破し、新しい扉が開かれるはず。 ポスタープロジェクトにぜひ。 ...
続きを読む
IMG_3788

奇跡の「刑事力」コミュニケーション術 オンライン講演会 今旬の佐々木成三氏

元埼玉県警捜査一課刑事、佐々木成三氏。テレビコメンテーターの他、ドラマ警察監修の他、続々と書籍を上梓してまさに旬だ。 7月29日にはオンラインで講習会を開く。 元刑事が編み出す究極の「刑事力」で対人スキルを磨くこと、ニューノーマル時代だからこそ、必要だ。 開催日時 7月29日(水)20時から。受講料 1500円。 詳しくはこちら→佐々木成三の講座 ...
続きを読む

小池百合子さんとガラスの天井

都知事選が始まった。小池知事再選濃厚の顔ぶれだ。 埼玉都民(住所は埼玉だが、都内に通勤している人)や、小池世代の女性でも意見は二分。 「小池百合子さん、かっこいい!」という声と「小池さんはアレルギー起こす」という人。 好きも嫌いも超えて、小池さんの発信力にはいつも感心させられる。アナウンサー出身とはいえ、 原稿を読むだけのアナウンサーとは違って、どう表現すれば人の心をつかむかの見極めは天才的。 ...
続きを読む

コロナ対策など 川越市議会ワンチームで議会費減額予算案提出

ただいま開会中の川越市議会では市議会36名党派を超えて、議会費減額予算を市長に申し入れをした。 議員に支払われる政務活動費、常任委員会の視察旅費、海外視察旅費など500万円あまり。 これらの予算はコロナ対策や台風対策に費消される。 新型コロナ対策は見えない敵との戦いでもあり、与野党ワンチームで市民のために団結するということ、市民にとってはありがたい話だ。 ...
続きを読む
IMG_3475

小さな可能性を求めて 移住定住プロジェクト (秋田・能代)

弊社取締役は秋田県能代市出身。「ふるさとのなまりなつかし停車場の・・」石川啄木の短歌にもあるように、お国言葉に遠い故郷を思うことは常々。 今回、新聞でみかけた能代弁の缶バッジ。能代市に問い合わせをしたところ、移住定住プロジェクトの一環とのこと。 人口減少は特に地方では深刻な問題で、行政側はあの手この手で「定住促進」を打ち出す。埼玉県内においては、池袋から特急で40分あまりの「飯能」が「農のあるくらし」をもとめる定住者が増加していると話題になった。 能代市は秋田県でも青森県に近い北部、日本海側で、となりの町はハタハタでしられる八森であり、世界遺産・白神山地のすそのに位置する。高い空と広々としたやわらかい白神ねぎやあきたこまち生産地がひろがる。天然の岩ガキ、あわび、伝統の桧山納豆、酒蔵、山海の珍味も満喫できる街。そのまちがすすめる「定住促進」能代出身の一人として関東圏から応援していきたい。 ちなみに今回の缶バッジ。①「えで、やぐやぐすべ」②「むったり、えさ、いだ」③「おめもちけ、おめちけど」④「前見て、あべ」みなさんわかりますか?(以下に標準語を) ...
続きを読む
IMG_5516

RS朝日で激論 自民・片山さつきVS国民・大塚耕平 

17日、18時からの「田原総一郎の激論クロスファイア」では自民党からは片山さつき参議院議員(前国務大臣・総務会長代理)、国民民主党からは大塚耕平参議院議員(党代表代行)が出演。経済対策など持論を展開した。 片山さつき議員は財務省出身(元大蔵省主計局主計官)。大塚耕平議員は日銀出身。経済を知り尽くした両議員、100年に一度といわれる新型コロナショックについての見解も冷静な視点だった。 「夏から経済が厳しくなる。需要の回復には時間がかかる。(大塚議員)」「コロナによって構造改革の弱点が見えてきた(片山議員)」 「新しい生活様式とはスマートライフであり、スマートシテイ構想。(片山議員)」「スマートシテイとはITやAIを駆使したデジタル化社会(大塚議員)」。ソサイエティ5・0(身近なものがインターネットとつながる社会)、鶴ヶ島の農業大学校跡地ではじまる、未来産業集積拠点もそうだ。この拠点は国・県・対象エリア13市町(川越・飯能・東松山・狭山・入間・坂戸・鶴ヶ島・日高・毛呂山・越生・鳩山・川島・吉見)が連携をとる。「コロナの出口には超スマート社会と第4次産業革命が待っていると思ってほしい。国民が耐え、ロックダウンもせずにここまで来た。亡くなった方の数も世界に比べると最小限におさえ、これは日本のミラクルともいわれている(片山議員)」論陣はコロナアフターにまでひろがった。 「国中で新しいステージに向かって、事業を再生していく。倒産リスクも高いかもしれないが、次々とスキームを展開していく」と片山議員の発言のあと、田原氏が「コロナには与野党一致で立ち向かうべきだね」とすかさず言い、大塚議員もうなづくという場面も。 ...
続きを読む

ドイツ メルケル首相に学ぶ 

まさに戦時下同様となってしまった新型コロナウイルス感染拡大。 日本でも安倍総理の会見をはじめ、47都道府県知事がそれぞれの立場でアナウンス。いかにリーダーの言葉で、受け取るものの幸・不幸が左右されるか、今ほど露呈するときはないかもしれない。 リーダーの真摯な態度は言葉にあらわれる。 4月6日にドイツのメルケル首相の演説は心に響いた。 抜粋する ...
続きを読む
LINE_capture_609030990.057386

画像を添えた読者様からのメッセージ 

読者様から画像を添えたメッセージが届いたので転載します。 「当たり前にできていたことができなくなりました。それでもできなくなったことを悲しまず、違う方法で試してみる。違う方法を模索し、考えてみる。それがちょっとしたことであっても少し楽しい気持ちが湧いてきます。縄文時代の人のように火を石でおこしたりはしてはいませんが、生活を大きく変えています。阪神大震災・東日本大震災など自然災害。経済ではバブル崩壊・リーマンショック。多くの苦難の中にあってもそれでも乗り越えてきた日本人。そして2020年年初から発生した新型コロナウイルスの脅威。我が家では不便な生活から人間らしさを取り戻しながら、生まれ育った昭和の時代を懐かしむ気持ちまでもが心を占めていきます。このピンチを乗り切り、新しい活路を見出し未来に進もう!これが我が家の合言葉です。今地球が傲慢になった人間に怒り、ラストチャンスを与えている気もします。自然淘汰されてしまう循環の中には絶対にはいらないように。それには、健康、体力、栄養、睡眠、免疫力とポジテイブシンキング、プラスイマジネーション。埼玉の中で見つけた四つ葉のクローバー。すべての方に幸多かれと!」 想いのこもった温かいメッセージと画像。メッセージ送信者の読者様に弊社一同感謝の気持ちでいっぱいです。 そして、読者のみなさん。コロナに負けず、一日を大切にがんばってまいりましょう!! ...
続きを読む

コロナ感染拡大 埼玉も

コロナ感染拡大が止まらない。 志村けんさん逝去は西武線新宿線、沿線に住むものにとっては悲しすぎた。元阪神の片岡篤史さん、俳優・石田純一さんが次々と感染を発表。勇気ある行動だし、責任ある発言だ。 保育園の保育士が感染し、市では保護者に口止めをした横浜市や、感染拡大の数字を低くしたいがために検査を厳しく?したさいたま市保健所などは言語道断だ。 感染した人が歩き、人と接触することで感染拡大、これはシンプルな法則。一方で医療現場でコロナと戦う医師・看護師の子供が差別をうけたり、タクシーの乗車拒否などされてしまう。だからこそ、感染したことを隠す行為もいたしかたないのか?個人情報を盾に感染者の行動などが明らかにされないと、いざ、感染者が発覚するとパニック状態は自明の理だろう。 一人ひとりが、ヒステリックにならずに医療現場を応援し、感染予防をしつつ、感染者に対して異様な目をむけない、などなど、問題は山積みだ。医療崩壊・経済破綻、おそろしい四字熟語は使いたくない。 ...
続きを読む