グルメ


IMG_1131

人気のサイボクグリルがクレアモールで 川越

緑の牧場で育った氏、素性のはっきりした豚を生産、加工する、自然、安全、美味がキーワードの「サイボクハム」。 「サイボクグリル」が川越クレアモールの中で今人気だ。 ジューシーなハンバーグ。合成着色料、合成保存料一切不使用、牧場直送の新鮮なハムやソーセージのグリルが清潔な空間で楽しめる。 ...
続きを読む
IMG_1132

母の日はローズガーデンで。坂戸グランドホテル

薔薇が美しい季節になった。 坂戸グランドホテルでは母の日の5月13日から6月3日まで ローズフェスタを開催する。 自慢のバラ園は入場無料。またレストランでは期間限定ランチが楽しめる。ベル薔薇御膳1944円。ローズランチ1944円。 ...
続きを読む
IMG_1126

久喜の魅力 矢納重吉

駅のコンコースの中にはおいしいスイーツが目白押し。 先日は幟に「楽天ナンバーワン」と。 ふっくらした大福もち。「矢納重吉」と名があった。店員さんに「本店はどちらですか?」と聞くと「お店はなくて工場は久喜にあります。大正10年創業なのでなんとかお店も復興したいのですが、いまネットで評判があがってその生産で手一杯なんです。」との答えだった。 ...
続きを読む
IMG_1058

奥武蔵の玄関口にワインを愉しむスポット 飯能

桜の季節から新緑の季節になると飯能は輝く。 教師が「学校の窓から飯能を囲む山は平山だなあ」と話していたことも思い出す。 秩父の山々にくらべてなだらかな山が飯能を囲む。今の時期は緑の濃淡がほっこり飯能を彩る。 ...
続きを読む
IMG_1040

新しい観光スポット 小江戸蔵里にききざけ処

先週オープンした小江戸蔵里昭和蔵 「ききざけ処」。 この蔵里は鏡山酒造跡地を活用した観光スポット。 入口から明治蔵・大正蔵・昭和蔵と続く。その名の通り明治・大正・昭和とその時代時代に酒が造られた蔵を使用。明治蔵ではおみやげの販売が、大正蔵では食事と月に二回伝統和芸が鑑賞などそれぞれの役割を果たしてきた。 ...
続きを読む

さる年の梅

梅の香りがまちを流れている。 川越仙波町には白梅が枝がひろげている家、蝋梅がなんとも甘い香りを放つ家が点在している。白梅を見ると心は高校時代に戻り、母が合格祈願に何年も前から湯島天神にお参りをしてくれ、「湯島の白梅、いいわね。風情があって。お母さんこれから毎月月参りをするから、きっと希望の学校にはいれるわ」と言っていた姿が思い出される。そして夏の日差しの中の学校見学、合格発表の時、車窓にひろがる梅の花をみながら母とドキドキしたことが一連の流れでフラッシュバックする。蝋梅の想い出は宝登山に祖母と母と登って、母手作りの巻きずしを食べたこと。かんぴょうの味付けで祖母と母が言い争いをしていたのがなんとものどかだ。 母と祖母は梅干しや梅酒を漬けるため、梅を求めて越生と青梅によくでかけた。リウマチで身体が不自由になった祖母の教えでそれらはすすめられていた。祖母は申年生まれ。「平安時代の天皇が、梅干しで疫病から民を救った。それが申年。だから申年の梅は健康で長生きできる縁起物。」という言い伝えを大変大切にしていた。自分の干支の年の梅干し作りはなおさら念がいっていた気がする。「さる年の梅」は12年に一度しかまわってこない。でも二年前に漬けた梅が「さる年の梅」ではないか? ...
続きを読む
IMG_0905

キーウイの魅力

国産のキーウイが人気だ。 桶川のものは大つぶで甘い。川越のキーウイを生産を生産している石井ぶどう園(川越市藤倉)ではキーウイを追熟庫にいれて温度と湿度をかけて熟成するという。その名も「追熟キーウイ」。キーウイも種類が多く、食べ比べするのも面白い。ブルーノは米粒型の緑系、ほどよい酸味(キャップ白)。香緑は俵型の緑系、甘酸っぱい味(キャップ緑)。紅妃は中心部が赤く、酸味はない。イエローキングは黄色系で酸味強い(キャップ黄色)。ジャンボイエローは黄色系でマイルドな酸味。 キーウイ一個で1日の摂取必要量の七割がとれるという。藤原紀香が以前、輸入キーウイをコマーシャルしていたが、キーウイ=ビューテイというのは当然なのだ。風邪の予防、疲労回復、肌荒れにも効果がある。 ...
続きを読む
img058

初冬の週末 コーヒーでほっこり 9日10日 川越蓮馨寺で

年内やらなければならないこと。歳をむかえるためにやらないこと。 心せわしい日々がつづく。 そんな中、川越蓮馨寺で9日(土)10日(日)「川越コーヒーフェステイバル2017」が行われる。 ...
続きを読む
写真 (2)

人気!うどん文化

埼玉県はうどん文化。加須はうどんの町として有名。川越を中心に武蔵野うどんも存在。 またチェーン店の讃岐の丸亀製麺は早くて、選べて人気だ。 四季折々うどんは冷たくても熱くてもいろんな表情をみせてくれる。 ...
続きを読む
写真

頑者はただいま休業

本川越駅前、行列のできるつけ麺店「頑者」。現在休業中。 店舗を改装し、リニューアルは3月という。 川越はラーメン激戦地。「頑者」の休業で「がっかり」する人が多いはず。 ...
続きを読む
写真

中札内の風が丸広で アンテナショップ盛況

北海道中札内村は川越市の友好都市。川越名誉市民である故相原求一朗氏の美術館がある町だ。川越の中学生が「少年の翼」事業で訪れる町でもある。今日18日には平成29年少年の翼 結団式が行われる。 その中札内村のアンテナショップが4月から川越丸広地下一階で人気だ。中札内産のチーズ、ポークなど。これからの季節はジャガイモが楽しみ。季節折々の野菜も店頭に並ぶ。友好都市と食で結ばれる、素敵なことだ。 ...
続きを読む
写真

雪くま初体験

熊谷市のご当地グルメ「雪くま」。 いろんなお店でいろんな形のかき氷を食べることができる。 もどり梅雨のような曇天続きではあるが筆者熊谷入りは9日。アスファルトから立ち上る蜃気楼が「あついぞ!熊谷」そのもの。駅出口にはミストシャワーが。おもてなし都市を感じる。 ...
続きを読む

とうふ選手権で健闘 とうふ工房わたなべ ときがわ

夏の酒の庶民的な肴というと枝豆、冷やしトマトそして、冷奴。 このほどうまい豆腐選手権関東地区大会が開催され、木綿の部1位霜里木綿、絹の部、3位霜里絹に輝いたのはときがわ町の「とうふ工房わたなべ」のもの。 「とうふ工房わたなべ」は大変広い駐車場が完備され、川遊びに来た観光客からも人気の店だ。 ...
続きを読む
IMG_1702

おいしいパンの百円均一 

毎月12日はパンの日。おいしいパン屋さんをさがして回遊の毎日。飯能で「100円均一」というのぼりをみつけて覗いた。 本当にパンが100円均一で、100種類のパンがすらりだ。 100円均一のワクワク感がパン屋さんで味わえるとは!しかも焼きたてでしっとり柔らかだ。 ...
続きを読む
IMG_1736

根強い人気 小川菊 川越

川越名物はたくさんあるが「うなぎ」のおいしい街として、うなぎ店の前には行列ができている。 かば焼きの香ばしい香りにはいつも垂涎だが。。 行列ができていて、市民でもなかなかはいりにくい「小川菊」。 ...
続きを読む
写真

今月のパン屋さん パンのかほり 川越古谷

川越は広い。さいたま市、ふじみ野市、富士見市、川島町、鶴ヶ島市、坂戸市、日高市、狭山市、所沢市と隣接。荒川の土手も市境。その荒川土手を遠景にたたずむパン屋さんが「パンのかほり」。 川越を愛する職人さんの心意気が伝わるさつまいもを使ったパン。調理パン、サンドイッチが美しくデイスプレイした店内。川越は「パンの街」でもある、といった旗振り役の店舗だ。 近くに駅があるわけでもないのに、人気!。その秘訣は「口コミ」。ネット検索の効果か? ...
続きを読む
%e5%86%99%e7%9c%9f

池波レシピ 江戸の味が小江戸で再現 料亭福登美

池波正太郎というと鬼平犯科帳が思い浮かぶ。東北道上り、羽生PAでは鬼平の香りを体感でき、多くの人で混雑を極める。池波正太郎文学は粋な男を具現化しているのも特長の一つ。 30年以上前、粋な男を追求する人に出会い、まずは池波正太郎が愛した店を食べ歩いていると聞いた。友人と数件行ってみたが、街角のひっそりしたお店に極上の味があり、池波さんってすごいなと思ったものだ。 今回川越の料亭福登美で「五鉄の会」が開催された。川越の夜の文化を粋に彩る男性たちが立ち上げたもの。「五鉄」は鬼平犯科帳に登場する軍鶏鍋屋。そこの主人が軍鶏鍋の具材をもって歩くシーンはおなじみでもある。当日は五鉄の主人 大映出身の映画スター藤巻潤さんも参加。寒い日なのに素足で着流し、鬼平ドラマを再現する、プロ根性を見せた。藤巻さんも粋だし、五鉄の会で料理を再現するのも粋だ。 ...
続きを読む
%e5%86%99%e7%9c%9f

今月のパン屋さん 「どんなときも」ウエスタ川越1階

「イベントはウエスタ川越で」。市民への認知度もあがってきたウエスタ川越。1階にあるパン屋さん。イートインもあり、ウエスタ川越利用客の人気も上々なのが「cafe&ベーカリー どんなときも」。 女性がリーダーで焼くパン。女性特有の繊細なやさしさがパンから匂いたつ。チーズを使ったパンが目をひく。カリカリカレードーナッツをはじめ総菜パンが充実。たまねぎを練りこんだステイック状パンも珍しい。食パン、塩バターパンなど、シチューやパスタ、ステーキの味を引き立てるパンもずらり。またスタッフ一同、新商品の開発にも意欲的だ。 「どんなときも」のホームページを拝見し、障がいがある方もこのお店で活躍をされていることを知り、ますます、応援したくなった。「障がいをお持ちの方、そうでない方が共に生きる」ということが、言うは易く、実行が難しいもの。また、応援したくてもなかなかチャンスに巡り合わないことも。そのチャンスの場所こそ「cafe ...
続きを読む
%e5%86%99%e7%9c%9f-4

人気の勧進帳弁当を食す ひびき黒豚劇場

川越市から焼き鳥を全国に発信する「焼き鳥ひびき」。大宮駅で売り出している「彩の国黒豚勧進帳弁当」が人気というので購入した。 歌舞伎十八番勧進帳。義経、弁慶一行が山伏に扮して関所を通っていくという物語。その物語とともにおかずが展開していく。お米は埼玉県ブランド米「彩のかがやき」、使用される野菜はすべて埼玉県の地場産(季節によっては対応できないことも)という郷土愛たっぷり。 メインの彩の国黒豚のほろほろ煮。彩の国黒豚倶楽部が育てているイギリス純粋バークシャー種の黒豚。ひびき黒豚劇場の人気メニュー「彩の国黒豚の角煮」がお弁当で食べやすいほろほろ煮に。(目的のために本来の自分を隠し姿を変えた義経を表現)。 ...
続きを読む
%e5%86%99%e7%9c%9f

12日はパンの日 川越松江町 善太郎

毎月12日はパンの日。今月は川越まつり開催のため掲載が遅くなりました。 住宅街にたたずむ煉瓦の家。 ドアを開くとパンの甘い香り。善太郎。川越の主婦の中で口コミ抜群の店。 ...
続きを読む
imo

芋の街川越 おいしいスイーツ発見

芋のシーズン到来。芋の街川越にはたくさんのスイーツが味の競演。 今回のご紹介は喜多院参道 「花かげ」の芋チョコ。 さつまいもにチョコが絡む、和洋風なスイーツ。 ...
続きを読む

10月1日は日本酒の日。小川町では楽しいイベント。

埼玉県内には酒蔵が多い。日本酒で乾杯条例は、秩父市と小川町などで施行されている。 10月1日は日本酒の日。当日、小川町では「ちょこたび埼玉 酒蔵めぐり」が開催される。(時間は10時から16時)。 酒蔵レストランが併設され、天皇杯受賞も晴雲酒造、「社長の酒」「帝松」の酒蔵、新酒鏡評会では金賞受賞は県内最多の松岡醸造、新酒鏡評会受賞の酒以外にも抜群の味噌漬は全国からも注目の武蔵鶴酒造の三つの酒蔵をめぐるイベントは専用無料シャトルバスで町内を行き来できる。 ...
続きを読む
%e5%86%99%e7%9c%9f

快挙!長峰園 ANA国際線ビジネスクラスに。狭山焙じ茶葛餅!

川越札の辻で香ばしい匂いに包まれた経験も多いはず。 交差点角の長峰園からの匂い。 このたび、長峰園が売り出した「狭山焙じ茶葛餅」が金星。 ...
続きを読む
%e5%86%99%e7%9c%9f-2

今月のパン屋さん 新富町 文明堂

12日はパンの日。今月のパン屋さんは本川越近く、クレアモール内の「文明堂」。 個人的に思い出深い店。 母が川越を拠点に仕事をしていて、高校生の自分に、部活動でおなかのすいた私に、 ...
続きを読む
写真

話題の「ちちぶ山ルビー」気高い甘さにびっくり

巷で人気の「ちちぶ山ルビー」。形状からもノーブルな雰囲気。細長く可憐なスイートなルビー色。 欧州系の高級品種「リザマート」は女王とよばれるもの、香り高く食感に優れた米国品種「ピアレス」は貴婦人とよばれるものこの二つの品種から生まれたと聞けばその可憐で気高さを醸し出す意味がうなずける。 糖度の高さと細長い形状で食べやすいことも人気沸騰の理由。 ...
続きを読む
写真

今月のパン屋さん

毎月12日はパンの日。3日遅れであるが今月のパン屋さんは。 西武秩父線芦ヶ久保駅道の駅の「手作りマルシェ・いわざくら館」。 焼きたててづくりパンの香りが扉の外まで。 ...
続きを読む
写真

セレブな宵はビアお座敷で

連日猛暑日が続いている。リオ五輪の熱闘とあわせて、心も体も脳みそもハイ状態だ。日が落ちて、夜空に月がかかっても気温が下がらない。暑い!川越では川越東口のアトレでも川越丸広でもビアガーデン。ビアガーデンもいいけどビアお座敷は? 八月末まで小江戸川越を代表する料亭山屋では「ビアお座敷」を開催。 川越の豪商、横田五郎兵衛さんの迎賓館だったお屋敷。建物、奥深く緑濃い庭は季節を問わずそのたたずまいが心を凛とさせてくれる。残照から宵にかけて、蝉時雨と回り廊下と縁側、そしてビア。極上の夕涼みだ。 ...
続きを読む
写真 (2)

エビ、エビ、エビ 創作ラーメン湧光 

ラーメン激戦区川越。ラーメン通の知人が「今ここにしかいかない」ときっぱり言い切っていたことで興味をもって暖簾をくぐる。 お店の改装、オープンから注目をしてはいたが、なかなか足を運ぶことができなかった。 松江町交差点 うなぎのいちのや斜め前「湧光」。 ...
続きを読む
写真 (2)

旅するレストラン 彩発見の時間列車

今年から土日を中心に運行している「旅するレストラン」52席の至福。3か月ごとの予約で人気を博している。池袋から西武秩父へ。西武新宿から西武秩父へ。通学通勤していた路線でもあり、車窓はふるさとの景色。念願かなって乗車することができた。 普通の列車をレストランに改装し、入り口には赤い絨毯。乗車前からウキウキ。発車時刻は10時54分。西武秩父には13時57分。この三時間にはどんな仕掛けがあるのか。ホームからの痛いほどの視線をうけて発車。 コンシェルジェがドリンクメニューを運ぶ。秩父ルージュ(金賞に輝いた秩父のワイン)そしてウイスキーファン垂涎のイチローズモルトも。このドリンクだけでも至福! ...
続きを読む
写真

昭和の街(川越) こひや ラーメンも街にマッチング

ラーメン激戦地川越。つけ麺が味を競うことで有名。本川越からくらづくりのまちなみに進み、昭和の街のどまんなかにある「こひや」。 和風川越ラーメンとある。「青竹手打ち麺」というポップにそそられる人も多いだろう。「青竹手打ち麺」といえば「佐野ラーメン」も。なんともいえないちぢれ麺がスープのからみをよくする。 懐かしいしょうゆの香りとともに運ばれたラーメンには、丁寧に作られたチャーシュー、メンマが並ぶ。一緒に行った友人が「佐野ラーメンに似てるよね。なんかおばあちゃんと食べた味にも。あっ、ここは川越昭和の街か、ごめん、ごめん。佐野ラーメンではなく、昭和の街川越ラーメンね!」と口元をほころばせた。 ...
続きを読む
写真 (2)

12日はパンの日 大東大とのコラボランチパックを食す

東松山元気創造計画第2章を実行実現する森田光一市長。森田市長の掲げる「まち・ひと・仕事創生総合戦略・戦略的なシテイセールス」の中で山崎製パン工場、地元の大東文化大学と協定を結んだ。 ご当地の名産品を具材にする「ランチパック」は数々のヒット商品を生み出している。今回の東松山やきとり風は3年前に大東文化大学の学生が考案。二か月で18万個を売り上げた。今回はパンの品質を改良して販売されている。期間限定品につき8月末まで。 東京駅キオスクで現物を発見。購入した。旅仲間と新幹線内で試食。ビールに合う派、ハイボールに合う派。ということはおつまみでもいける?ミソの味が食欲をそそる。ぜひ、東松山のカシラやきとり食べてみたい、東松山に行ってみたいという気持ちにさせる・・戦略的なシテイセールスに勝算あり。 ...
続きを読む
IMG_0987

毎月12日はパンの日 今月は番外編 フランスベーカリー軽井沢

木々の緑が色濃くなるとなぜか軽井沢にいきたくなる。 碓井バイパスから点在するゴルフコースに熱心に通ったときもあった。 「フランスベーカリー」と聞いて「ジョンレノン」と反応する人はかなりの通。 ...
続きを読む
写真 (16)

人はなぜ行列するのか・・・東松山 らーめん 奔放

オープンから5年。気になっていた店。行列ができていて断念したり、店休日だったり。 念願かなって食するチャンスが訪れた。 川越には行列ができる店がたくさんある。この「行列」に魅かれてしまう。「人はなぜ行列をするのか?」と問われて、「並んでまでも手にいれたい、食べたい」ものがそこにあるからという答えなのだろう。 ...
続きを読む
写真 (16)

今月のパン屋さん 「パン工房 とーくん」毎月12日はパンの日

知り合いの奥様からおいしい食パンをいただいた。「朝なら買えるのよ。」 旧国道254号を丸広平面駐車場に向かって左。コープみらいプラザ川越前「パン工房 とーくん」。 もちもちクルミパンとカレーパンを買う。 ...
続きを読む
写真 (15)

旬を食べてパワーアップ。

大型黄金週間が終わると、季節は本格的な夏を迎える準備に。 古来より「旬」のものを食べるとカラダにいいといわれている。 「旬」のものは免疫力アップにもつながる。 ...
続きを読む
写真 (16)

東京国際フォーラムの「時の鐘」

東京 新宿・有楽町・銀座・八重洲どこをとっても地下街というのは一つの文化だ。 寒い冬の日、暑い真夏の日、雨の日、昨日のような強風の日、特にありがたい。 ランチ場所を探して地下街を散策。友人に東京国際フォーラムにおすすめの場所を聞いていたが、昨日は「時の鐘」に誘われて、扉を開いた。 ...
続きを読む
IMG_0860 (2)

!!頑者営業!!

4月19日付け既報の「つけ麺頑者閉店」という情報。この情報は忘れてほしい。 今日26日時点で、「頑者」はのれんを出し営業している。 あの張り紙は??「幻覚」だったのかとも思うが、今日もおきまりの行列。お店に今後の状況なども聞ける環境になく、とりあえず「頑者」元気に営業中です!と配信する。 ...
続きを読む
写真 (16)

新しいつけ麺 川越 彩 

「頑者」再開まで、つけ麺党には店舗ジプシーの日々が続く。 そんな中、女性の心をつかめる店舗発見。 川越東口クレアモール入口スクランブルから東に。三番町交差点からさらに東に100メートル。「彩」だ。 ...
続きを読む
/ / グルメ, 川越つけ麺,
写真 (15)

頑者閉店!ファンがっかり

川越のイチオシ麺、行列のできる店、全国グルメ麺で不動のトップの「頑者」が駐車場確保困難などを理由に 閉店となった。あの食欲をそそる香りに誘われることがないかと思うと本当に残念だ。 ヨーカ堂では箱に入った進物用が。一時はセブンイレブンでカップ麺も購入できて、その存在感は抜群だった「頑者」。おそらく、店舗予定地を確保し、リニューアルされることとは思うが、まずはお知らせ。 ...
続きを読む
写真 1 (4)

今日12日はパンの日。

毎月12日はパンの日。 川越は実はおいしいパン屋さんが点在する「パン」のまちでもある。 レインボーネット川越では毎月この12日においしいパン屋さんを紹介していく。 ...
続きを読む
/ / グルメ, パン, 川越市, 楽々
FullSizeRender (2)

限定ふじみんスイーツ 県内各地で人気

今日はホワイトデー。その前日13日日曜日県内のイトーヨーカ堂にふじみんスイーツが登場した。 ふじみんはふじみ野市のキャラクター。昨年市誕生10周年のふじみ野市。昨年新成人の発案で「ふじみ野みやげお菓子コンテスト」が開催され、地元野菜をふんだんに使った市民のアイデアレシピからこのたび商品化。ふじみ野市の奮闘で商品化から販売へ。売れ行き次第では販売の本格化も。 地元のイトーヨーカ堂だけではなく、久喜、大宮、浦和、春日部、深谷と「ふじみんパッケージ」が商品ケースを飾り、「ふじみ野市」イメージアップともなった。 ...
続きを読む
/ / グルメ
写真 1

人気の羽生PA 「鬼平江戸処」はいつも満員御礼

東北道上りの羽生PA。鬼平江戸処。つねににぎわっている。空車のチャンスあり行ってみた。 羽生、栗橋はかつて東北からの江戸への玄関口。その羽生PAに「江戸処」とはまさにナイスマッチだ。鬼平とは「鬼平犯科帳」の主人公、火付け盗賊改め、長谷川平蔵。最近では中村吉右衛門のはまり役。におい立つ男の色気と江戸文化の粋そのもの。この作品の作家は池波正太郎。池波正太郎といえば、「散歩のとき何か食べたくなって」というエッセイがあり、これは食道楽必携の書とも言われている。若いころ、そのエッセイをもとに何件かのれんをくぐった。この羽生PA[鬼平江戸処」でも池波氏が愛した店や鬼平が「旨い」と言った店の味が再現されている。 ゆったりとしたタイムトリップと江戸の味。PAではなく、まさにエンターテイメント。埼玉関越道の寄居PAの「星の王子様」、と埼玉東北道の羽生PAの「鬼平江戸処」。観光立県さいたまにふさわしい目玉商品ともいえる。 ...
続きを読む
/ / グルメ, 鬼平江戸処
FullSizeRender (3)

地場のクラフトビール。またまた快挙 コエドビール。

川越名物、川越みやげとして着実に浸透しているコエドビール。(協同商事・ビール事業部 コエドブルワリー朝霧重治社長)。漆黒、白、瑠璃、伽羅、紅赤の五種類。その漆黒がビールの本場ドイツで行われたコンテストで金賞を受賞。 年々改良されている成果が見える形になったもの。思い起こせば90年代後半、川越山田に「ブルワリーができたよ。」と友人と飲みにでかけた。繊細な味の違いがあって楽しかった。しかし、女子供ではない大人の男、「ビール通」にいわせると「切れ味がな・・・」という声も。その後、ドイツの大使館、航空会社のファーストクラスなどで採用されるなど快進撃がつづいている。 「川越みやげ、お菓子は母が喜ぶのですが、父がお菓子は??というので。」という知り合いに「コエドビール」をすすめたところ、「父大喜びでしたよ」と報告をうけた。 ...
続きを読む
007

コバトン健康メニュー弁当 ヤオコーで販売

「いのち百彩彩の国」健康長寿埼玉プロジェクト推奨・埼玉県コバトン健康メニュー弁当を試した。 食塩使用量3グラム未満、野菜使用量120グラム以上。お米は十六穀米を使用。カロリーは500カロリー、値段も498円税別。お財布に体に、やさしいものだ。種類はチンジャロース、バジルチキンと焼野菜を二つ購入。(ヤオコー川越西口店のみ販売)野菜の量が本当に多い。野菜の切り方も食感を生かすゴロゴロ仕様。食塩の不足をスパイスなどでカバー。お弁当のカバーにはトキモシール。前身が青果店の「ヤオコー」の野菜力満載の健康弁当。お正月太り解消にもごきげん弁当だ。 ...
続きを読む
/ / グルメ
写真

見つけた芋スイーツ!新鮮!!

連日テレビでとりあげられる「川越」。今日も朝9時55分からはテレビ朝日「じゅん散歩」で川越のまちが放映される。今の時期は旬である「芋」をつかったスイーツが各店で腕を競って販売。 そんな中、先般も取材でお邪魔した石原町の「メープルリーフ」mapleleaf.favy.jp にぶらり。 家族で力を合わせて「メニュー開発」に知恵を絞っているが、新鮮な芋スイーツを発見。 ...
続きを読む
/ / グルメ

ご飯マイラブ 

小さい頃から、ご飯が大好きでした。 玉子かけご飯。納豆ご飯。たらこと昆布のご飯。いくらご飯。 炭水化物は控えめにという時代にあってもご飯はやめられない。 ...
続きを読む
/ / グルメ
IMG_0663

べにあかくん快挙!2016料理王国100選に

川越の魅力は数多い。江戸情緒の蔵造りのまちなみ、川越まつり、グルメ・・・。 そのグルメもS級グルメ、B級グルメ、ラーメン、うどんに芋料理。そしてスイーツ。「スイートポテトべにあかくん」は一度食べたら二度、三度。リピーターの多いスイーツである。川越を訪れる人に、または遠方への手土産にさし上げると、必ず「あの黄色い袋にはいった芋のお菓子、もう一度食べたいわ」と言われるのだ。 「べにあかくん」は創業明治20年。小江戸菓匠くらづくり本舗(川越市久保町5-3)。のお菓子。この「べにあかくん」は食のプロが選ぶ食の逸品コンクール「2016 料理王国100選」に認定された。2013年、2014年、2015年についで4冠達成だ。 ...
続きを読む
写真 (9)

人気沸騰 おこげ煎餅 あとひき煎餅川越仲町

川越産のさつま芋で作ったおこげ煎餅が人気沸騰だ。 かみしめるとさつま芋独特の甘い味がよみがえる「おこげ煎餅」。販売店は川越市仲町の「あとひき煎餅」。(川越市仲町9-9) 揚げてあるのに、油っこくない、しつこくない。 ...
続きを読む
/ / グルメ
焼きおにぎり

川越ブランドの醤油をおにぎりで

所用で秋田県に。両脇雪で囲まれた秋田道を進むと見慣れたトラック。 埼玉で元気な企業の一つ、アサヒロジステイックのトラック。 関東圏を制覇、北上し、シェアを広げ、秋田県に営業所を構えたということを目の当たりにした。 ...
続きを読む
/ / グルメ
IMG_0564

にこにこ食堂オープン三ヶ月 テレビ朝日でも放映 12月3日

霞ヶ関・箱根駅伝初出場を決めた東京国際大学前はかすみ商店街キッチン通り。この商店街の中に9月7日オープンした「にこにこ食堂」。霞ヶ関北自治会が運営する店だ。 空き店舗問題を解消しお客様を取り戻すというこの取り組みは、テレビ朝日スーパーJチャンネルでも取り上げられ来月3日夕方からの番組で紹介される。 ランチ600円。穏やかな笑顔のスタッフが切り盛り。取材当日、プレートには手作り感100%のシューマイ、白滝とニンジンのキンピラ、漬物が。そして、小鉢には小松菜とえのきのおひたし、具だくさんの味噌汁。無花果、柚子のシロップ漬けとヨーグルト。これでこの値段。リーズナブルでバランスよく、入れ替わりたちかわりのお客様来訪が納得できる。食堂はコックさんの自主採算制、5時間の利用料を支払い、売上の15%を自治会に。この日替わりコックさん。家庭の味を進化させた女性を中心に、11月、今月は10人登場する。コックさんそれぞれが自分の持ち味を生かしてメニューを提供。かすみ商店街ではがんばるお店が軒を並べているが、全国的な悩みである空き店舗の存在もあり、今回のチャレンジは商店街に新しい息吹を与えるきっかけになるに違いない。 ...
続きを読む
/ / グルメ
写真 (7)

能代ラーメンを食す

川越工業のギネス達成の現場に立ち会ったのち、せっかくの機会を利用し、秋田県能代市まで足を伸ばした。 能代市は秋田杉の産地であり、能代港は高度成長期活況を呈した。古くは北前船の寄港地、秋田音頭に歌われる「檜山納豆」「能代春慶」のご当地。また能代工業高校はバスケットの強豪校で、現在日本のバスケット界をリードする田臥勇太選手の出身校。しかしながら、全国的な悩みであるメインストリートでシャッターを下ろす店も多く「かつての能代」を取り戻す、打開策が必要な街でもある。 知人からのすすめで、「能代ラーメン」を食した。住宅街にたたずむ店。見逃してしまうほどの外観。それでも前評判通りのおいしさ。ラーメンにのる「レモンのかけら」がトレードマークとなるのか。最後の一口レモンで締めるとなんとも爽快。調理場では女性スタッフがにこやかに調理。「ラーメン」は日本の食文化の一つとして世界から注目をあびているが、こんなに職人風を吹かすことなく、女性スタッフのみで「この味」を出していることに驚いた。 ...
続きを読む
/ / グルメ, 能代ラーメン
IMG_0832

新しい川越名物を 石原町にカナデイアン バー&レストラン

溝井英一朗オーナー。川越市内で柔道家をめざし小学4年生から中学3年生まで道場に通った。 高校時代から夢は現実的なものに。それは「ITで起業、それにはカナダか・・」とカナダ留学を決意。まずはアルバイトしながら語学を学んだ。そのアルバイトはカナダの和食料理店。カナダでのSUSHI文化を直接体感。そして、両親と相談し、若くしてこのたび石原町に「カナデイアン バー&レストラン Maple Leaf」をオープンした。 ...
続きを読む
/ / グルメ

期待の川越街ばる 週末スタート

「川越を食べつくせ」。川越まんぷく商品券は10月30日販売開始。 このプレミアム付き地域商品券は一冊5000円。一人5冊まで購入可能。1000円6枚つづりで1000円お得。有効期間中に2回開催される「川越街ばる・第1回は10月30日から11月3日まで。第2回は1月8日から1月11日まで。」でも使用できる。有効期限は平成27年10月30日から平成28年1月17日まで。加盟店は100店近く。 プレミアム付き商品券の発行は飲食店の活性化、観光客の誘致を目的としているが、川越の食文化を発信するには絶好の機会。また街ばるについても、参加店は老舗からカジュアルレストランまで30を超える店舗。老舗の味の扉を気軽に開けることができることも魅力の一つ。同時に街ばる参加店も智恵をしぼってメニューを考えるので、日頃の商いを見直すチャンスとも言える。 ...
続きを読む

人気「豚もつ煮込み」一層お手軽に  初かり亭

川越のおみやげとして根強い人気の初かり亭(川越宮元町)の「豚もつ煮込み」。 17日18日の「川越まつり」当日は札の辻「お肉の吉野屋」、「小江戸蔵里」でもゲットできる。コラーゲンたっぷり、お肌がつるつるになるこの「豚もつ煮込み」冷凍されていて、大変使い勝手もいい。解凍して、お豆腐やネギはもちろん、ミョウガや針しょうが、三つ葉に大葉、せりなどの好きなトッピング、冷蔵庫にある野菜を入れたり、その日の気分でいただく。初かり亭厳選の国産豚のもつと一緒にこんにゃくをコトコト煮込んだ「初かり亭」創業の味は宮元町の店舗、JAあぐれっしゅで通常販売。リピーターが多く、川越みやげとして定着した。 さらに川越まつりあとののお楽しみ。今年創業50周年感謝価格。毎週水曜、店頭販売限定で3人前1000円を700円。1人前380円を280円(ともに税別)に!この感謝価格は12月末日まで。午前10時から18時までの販売。ほっこり料理が日増しに恋しい季節。ビールに、熱燗に、焼酎お湯割りのおともに。ぜひ、おすすめです。 ...
続きを読む

歳末商戦始まる!?

秋を満喫している今日この頃。17日18日には「川越まつり」があって、秋が深まっていく。個人的には11月の第三木曜のボジョレー解禁もイベントの一つであるが、デパートから、料亭からと連日おせちの案内が届いている。 写真のものは「飯能清河園蜻蛉亭」。名栗川を見下ろすガラス張りのロケーションで市内外から多くのファンが訪れる人気店。料亭の親方が陣頭指揮のもと、すべて手作りで料亭の味がおせちで楽しめる。京都や金沢加賀百万石の流れをくむ味付けも風雅だ。 二人前17000円 4~5人前29000円 詳しくは清河園蜻蛉亭まで 042-973-2311 ...
続きを読む
/ / グルメ

料理、生パスタでイタリアファンを魅了 ピアットクワ

フレンチ、イタリアン。一世を風靡して時間が過ぎた。その中で根強い人気を誇る店、クレアモールと並行する道 丸広駐車場から川越駅にのびる川越八幡宮の杜に寄り添う形でたたずむ「オステリア・ピアットクワ」。 この店との出会いは数年に一度はイタリアを旅し、お子様をイタリア留学させた経験を持つまさにイタリア通のご夫妻からの紹介。 黒板にその日イチオシの旬の食材を使ったお料理が書かれ、毎回その味のよさと創作力に舌も胸も高鳴る。カリカリにローストされた魚を使った漁師風サラダ。こんがりフォアグラに絶妙な味のリゾットが添えられたフォアグラリゾット。自分へのご褒美に毎回いただく定番。生パスタのもちもち度合いは女性男性問わず感嘆の声をあげる。チーフ厳選のワインはカジュアルでも、ちょっと気取って重めでも、華やかに泡もの(スパークリングワイン)でもマダムが時に応じて選んでくれ、そのセレクトのセンスにも、店の信条がうかがえる。料理に腕をふるうはオーナーシェフ、サービスはたおやかな笑顔が素敵なオーナー夫妻のお嬢さん。(時折、ファミレスでも普通のレストランでも悲しみを一身に背負った風情やこの世に怒りをもったかのごとく仏丁面の店員をみかけるが、彼女彼らにここのお嬢さんのサービスを見習ってほしいと思うことしばし)。とこの店は家族経営なのでもある。 ...
続きを読む
写真 (5)

鶴ヶ島の「つるごんワイン」

日が短くなった。朝夕のひんやりした空気にふれると「ボジョレー」予約しなければと心が急かされる。埼玉の源作ワイン(秩父)は安定したおいしさでリーズナブルで手にとりやすい。川越の隣町、鶴ヶ島市。(鶴ヶ島は霞ヶ関カンツリークラブにもアクセスがよく、2020東京五輪に向けて行政も智恵をしぼっているところであろう)。鶴ヶ島には脚折という地区にある雷電池(かんだちがいけ)のほとりにある雷電社に雨乞いをするとご利益があるといい伝えられている。この行事も夏季五輪開催時、四年ごとの神事というから、2020東京五輪とのコラボレーションにも期待が増す。この「脚折雨乞い」は第17回ふるさとイベント大賞で見事大賞(総務大臣賞)を受賞。この受賞は県内初ということでこの春さらに「鶴ヶ島」喜びに沸いた。藤縄善朗市長も「鶴ヶ島を雨乞いの街としても大きくPRしていく。よき伝統は守りきちんと次の世代に伝える責任がある」と意欲的だ。さて鶴ヶ島のゆるキャラは「つるごん」。駅近くでは「つるごんワゴン」タクシーをみかけることも。鶴ヶ島の「つる」(幸せ・めでたい)と雨乞い行事の龍の「ごん」(勇壮・たくましい)で「つるごん」。今回は鶴ヶ島「つるごん」ワインの紹介。のみやすいさらりとしたのど越し。赤も白も冷やしてカジュアルにテーブルワインとしておすすめだ。 取り扱いは 株式会社サンシャイン企画 042-984-1818 まで ...
続きを読む

小江戸の新丸の内で埼玉S級グルメを マーケットテラス2号店に行列

川越卸売市場入口にある「マーケットテラス」は森の中のローケションと新鮮なお野菜中心のお料理とヴュッフェスタイルが人気で「小江戸の軽井沢」と評され開業5年で累計35万人の来場者。埼玉S級グルメにも認定されている。その1・5号店「小江戸ラウンジ」は本川越駅から蔵造りのまちなみにつづく道に面するガラス張り。夕暮れから宵闇をむかえる時間の店内はなんともいえない雰囲気だ。コンセプトは「小江戸の西麻布」。1980年代から90年代に麻布、六本木で過ごした世代はノスタルジーさえ感じる空間。さてその株式会社聡研プランニング (一川立裕総支配人)がいよいよアトレまるひろに進出。川越駅を見下ろす7階にマーケットテラス。地階にはテイクアウト惣菜店。7階はお馴染みのビュッフェスタイルで、ランチは大人1900円 小学生1000円 幼児550円 3歳以下無料。(11時半から15時 4部入れ替え制 。デイナーは平日大人2950円 小学生1500円 幼児800円 3歳以下無料。休日大人3400円 小学生1750円 幼児950円 3歳以下無料 (17時から22時30分)。 18日オープン。シルバーウイーク真っ最中のランチタイムは行列ができるほど。埼玉S級グルメは地産地消グルメ認定表彰でもあり、市内契約農家のフレッシュな野菜中心の料理の数々はダイエット中の人々にもうれしい限り。アトレマルヒロ7階レストラン街、リニューアル店舗も多く、人の波、人の流れが日ごとに勢いを増している。 ...
続きを読む
/ / グルメ

ノド越し抜群 つけそば丸永

川越はラーメン激戦区。今回は180年前に建てられた蔵と桶で天然醸造される醤油で人気「松本醤油」。その「醸ん楽座」においしいつけそばありという噂を聞きつけ伺った。「太麺」といってもつるりとしたノド越しがたまらない。つゆは「松本醤油」ベースでさっぱり感のなかに絶妙なコク。「丸永のつけそば」「辛いつけそば」。そして、野菜好きにはたまらない「野菜のつけそば」は野菜たっぷり女性にも人気。温かいラーメン、つゆそばもある。 外見も大変スタイリッシュなお店で、一番街、蔵造りのまちなみで働く女性も「女性一人でもはいりやすいお店でうれしい」という。 ラーメン屋、お寿司屋、そしてヘアサロンもも探すことに時間がかかる。なかなか相性のよい店に出会うことがむずかしい。ラーメン屋でつゆそばでスープが熱くなかったり出汁が勝ちすぎていると残念な思いをする。しかし、「つけそば丸栄」久々のヒット店。 ...
続きを読む

築地・銀座で鍛えた腕でおもてなし -大人の隠れ家-

築地・銀座で鍛えた腕でおもてなし     大人の隠れ家 すしの福元  川越市砂新田85-1  TEL049-246-3750   ...
続きを読む
/ / グルメ