ガールズトーク

image_print
IMG_5121

川越喜多院 インスタ映えスポット

川越喜多院では和傘と紅葉のベストロケーションが15日まで楽しめる。 連日 インスタ映えを狙って多くの人が訪れている。 喜多院の歴史を感じながらのワンショット、いかが? ...
続きを読む
IMG_0932

26日まで動物愛護週間

今日26日木曜日まで動物愛護週間。 動物愛護法も改訂された。生後56日を経過しない犬猫の販売を禁止する。ブリーダーにはマイクロチップを義務づける。動物虐待に対する罰則を強化、5年以下の懲役500万以下の罰金に引き上げ。などだ。 特に動物虐待は犯罪にも結び付く例が多く、罰則強化は防犯上にも効果的だ。 戸建てに住んでいたころには必ずワンちゃんがいた。受験勉強を応援してくれたり、仕事上の悩みをつぶらな瞳でサポートしてくれた。マンションに住むようになって「猫派」に。 12月に買った猫はクリスマスリースのような松ぼっくりがついた緑と赤のおリボンをして我が家にやってきた。名前はすぐに「マリア」にきめた。昨年17年の寿命をまっとうした。亡くなる前の日まで玄関まで走って出迎えてくれた。いつもそっと寄り添ってくれた「マリア」。今3匹の猫がいるが3匹以外の「鈴」の音が混じる時がある。「あっ!マリア」と想い、涙がこみあげる。「マリアへの愛」を残された3匹にそそぐが、やはり「マリアの代替」はできない。 ...
続きを読む

昨夜はストロベリームーン。恋がかなう。

日曜日の14番目の月も神々しかったが、昨日は満月。6月の満月はストロベリームーン。 アメリカの原住民がイチゴの収穫期をなぞって名付けたとか?「恋がかなう」とも。 月光浴をするとパワーがみなぎる。 六月の花嫁は幸せになるという、ジューンブライド。 また六月は雨の日が多く、なんとなく抒情的。 ...
続きを読む

さすがドクター!埼玉のイメージアップにも。沖縄エピソード。

沖縄の高校生が那覇空港行きのモノレールの中でお財布を落としてしまって落胆していたところに声をかけ「6万円」もの大金を渡した男性。高校生は叔父の通夜に向かうところだった。 信用して、自分の連絡先をも知らせずにお金を渡した男性はスゴイ。 その後、沖縄の高校生はこの親切なおじさんを探すために新聞社に相談した。 新聞社はネットニュースにも流し、医者仲間から知らされた男性は猪野屋博さん。 イムス三芳総合病院(埼玉県三芳町)の脳卒中脳神経内視鏡センター長、脳神経外科医だった。 ...
続きを読む
IMG_2111

街角で ホットリップス 

ウオーキングは健康に一番だが、季節の花々をみつけ 心も和む。 今日の画像はチェリーセージ・ホットリップス。愛らしい花々と甘い香り。 育てている方は。「ハーブテイーも楽しめますよ」と教えてくれた。 ...
続きを読む
IMG_1946

雨だからお題は猫。

今日はまさにメイストーム。五月の嵐。嵐と猫、雨と猫はなぜかマッチする。 猫ちゃんの耳について。 猫ちゃん不機嫌の時は耳を横にしている。イカ耳だ。大抵しっぽまでブンブン回しているものだ。まさににゃんこ気分のバロメーター。 我が家のニャンコ(写真)はスコテッシュがはいっているのでたれ耳なのでなかなか気分の様子がつかめない。 ちなみにウチのブラッキーは黒猫曲がりしっぽ。フランスでは、まがりしっぽで幸運をひきよせるからと、大人気。日本でも黒猫は魔除けと幸運をもたらすといわれている。 ...
続きを読む

埼玉は女性にとってストレスオフ?!

女性にとってストレスを感じるかどうかの調査。ストレスを感じない女性の割合が多い、全国47都道府県で昨年38位から14位に躍進したのが埼玉県だった。 ちなみに1位鳥取、2位広島、3位三重。上位三県をみると自然豊かで食事おいしいというイメージ。 埼玉は、暮らしやすく、都心に近く買い物便利、都市と田園の魅力をあわせもち、飯能、秩父にいけば自然の宝庫、そして子育て環境にやさしい自治体が多いのではないか。。。 逆に最下位は二年連続秋田県。日照時間が全国最低とリンクかもしれないが(太陽とストレスは大きな関係がある)。秋田県は真面目な県民性がネックとテレビコメンテーターは話していた。 やはりストレスフリーは、鈍感力といい意味でのリセット力が必要なのだ。 ...
続きを読む
IMG_1791

ママでもできる 子育てママがイベント カサデラミルス 16日(土)アトレマルヒロで

カサデラミルス(小林千明代表)ライブが16日(土)13時半からアトレマルヒロイベントホールで開催される。 第一部は15時半からトークイベント。「安心こそが第一」をテーマテレビコメンテーター佐々木成三氏と弊社取締役岡部逸雄がトークセッション。佐々木氏も弊社岡部逸雄と同時期埼玉県警捜査一課であり現在、テレビ朝日、フジテレビ、TBSなど全国ネット民放キー局からひっぱりだこだ。プロの視点で防犯まちづくりを語る。 第二部は17時半から世界規模で活躍するラケルビジェガスさんをスペシャルゲストに小林千明さんが舞う。 小林さんは読売巨人軍のファイヤーガールを経て、映画舞台で活躍。、その間スペインへフラメンコ留学も。「私にもできる。ママでもできる。女性はいつも進化中」を副題に子育てママの可能性を追求するイベントに強い意欲だ。子育て世代らしく会場にはキッズスペースを設ける。「こどもたちの声もBGMです!企画・運営はみんなママ友です。チケットパンフレットもママ友のデザイン。できるだけ多くの人に知ってもらいたいとお店へパンフレットを貼ってもらう協力もママ友たちと足を運びました」と小林さん。 真の女性活躍を模索する小林さんにはエールを送りたい。 ...
続きを読む

送り盆に赤とんぼの乱舞

今年初めての赤とんぼ。送り盆の16日。川越仙波で確認。 赤とんぼと送り盆。情緒がある。 母たちご先祖様を13日に迎えにいき、今日16日に送る。 小さいころ、ご先祖のお墓は茨城にあったので祖母たちと玄関先で迎え火をたき、送り火をたいた。 祖父が亡くなって茨城のお墓を飯能にうつした。孫たちでお寺に提灯をもってお迎えに行った時からもう40年がたつ。 ...
続きを読む
IMG_1024

今日は猫の日。獣医のチカラに感謝

愛猫が突然ご飯を食べなくなり、うずくまってしまった。ごはんもたべない、水も飲まないということは大変心配で、かかりつけの先生に。 5歳の子で人間の年に換算しても30代。先生は採血し、強い貧血と診断。血液型を調べて輸血をするという。人間ならば輸血は赤十字がやってくれる。「ニャンコの血液バンクはありますか?」の問に先生は、「ウチで飼ってるネコで対応します。なんとか血液型が合うといいですね。」祈る気持ちで血液型の結果を待ち、マッチング成功。先生のところの一番元気のよいネコちゃんから輸血してもらった。 輸血は獣医の技術力も問われる。ウチの先生の腕は確か。その上、輸血できる猫ちゃんを多頭飼いしている。今回も獣医のチカラに感謝、感謝であった。 猫ブームといわれ、もちろん愛犬家も多い。なんとかペット用血液センターはできないものかと思う2月22日である。 ...
続きを読む