リオ五輪 今日18日から近代五種 がんばれ朝長選手 川越南高出身

image_print

川越・光武館笹田道場で柔道のいろはを学び、リオで銅メダリストとなった羽賀龍之介選手。

本人は悔しさをにじませていたが、スポーツ競技は勝つ時もあれば負ける時もある。ぜひ、羽賀選手には下を向かず前を向いて「次」をめざしてほしい。

体操、卓球、シンクロ、レスリングと華々しく報道されている中、川越ゆかりのアスリートにも注目したい。18.19日と行われる女子近代五種の朝長なつ美選手は川越南高校出身。警視庁の警察官だった父にあこがれ警察官の道へ。しかし、その憧れだった父は病に倒れ朝長選手の女性警察官制服姿を見ず、この世を去った。身体能力の高さを認められて選んだ近代五種の道。朝長選手は高校時代は川越南高校の陸上部、警視庁では1500メートル走では新記録をマーク、3歳からはじめた水泳、警官での射撃訓練とオールラウンド。近代五種はランニング、水泳、射撃、フェンシング、馬術を一人でこなし、その得点を競う。朝長選手の活躍に注目だ。

また東洋大学在学中の松永大介選手は男子20キロ競歩で日本人初、最年少での入賞だ。昨年の世界選手権出場の先輩選手を退けた。競歩という競技は走らず歩かず、テクニックを要する。本人も「本番で最高のパフォーマンスを」(広報川越)と言明した通り、結果を出した。日本人初21歳、四年後は25歳。松永選手にも2020東京五輪に向けてさらに飛躍してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>