IMG_3459

アマビエ様で疫病退散!川越で。入間で。

image_print

その昔、海からあらわれたアマビエ様。長いくちばしとロングヘア、そして下半身は人魚。アマビエ様は豊作や疫病を予言した。江戸時代の人々は「疫病が流行ったらアマビエ様を写して人にみせなさい」といったそうな。

お菓子のまち川越では、いちはやく「くらづくり本舗」がアマビエ様上生菓子を販売。SNSなどでも話題になり、現在は予約販売。くらづくりのアマビエ様、キュートな顔立ちで、食すのはもったいない気もしたが、拝みながら新茶狭山茶と。

創作和菓子製造の実力で味もとびきり!

入間市文化創造アトリエ・アミーゴ(水村雅啓館長)では、25日まで、コロナ収束を願い、アマビエ様のイラストを募集。この寄せられたイラストはアトリエに随時展示されていく。

アミーゴでは塗り絵用紙も準備しており、STAY HOMEの中、塗り絵、イラストで家族の絆を深め、「疫病退散!」としたいものだ。

20日にはテレビ埼玉でもこの様子が放送された。その放送後、水村館長は「公演イベントができない今、アート系の事業を考え生み出していかなければならない。文化の灯はどんな時代でも、どんな状況でも消してはならないので。これからどうすべきか?考える力が必要です」と文化への想いを述べた。

問い合わせは入間市文化創造ネットワーク(04-2931-3500)、入間市文化創造アトリエアミーゴのホームページまで。塗り絵のダウンロードも可能。

写真はくらづくり本舗「アマビエ」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>